隣の家族は青く見えるの動画【1話】マジでオトクな見逃し配信とネタバレ情報!


フジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」(となかぞ)の1話が放送されました!

深田恭子さんが主演ということで、管理人もかなり注目していたドラマです。
フカキョンはいくつになっても、本当にカワイイですね!

今回も、無料の見逃し配信を探している人が多いみたいですね。

Youtubeやデイリーモーションなどにも、動画がアップされてたりしますが、
違法動画ですし、危険なサイトに誘導される可能性もあるようです。

今回は「隣の家族は青く見える」(となかぞ)の1話の見逃し配信を無料で安全に見る方法と、ドラマのネタバレを紹介します!

予告動画を紹介!


こちらが「隣の家族は青く見える」の予告動画です。

それにしてもフカキョン可愛すぎです

「隣の家族は青く見える」動画1話の見逃し配信を見る方法!

それでは、「隣の家族は青く見える」(となかぞ)の見逃し配信を見る方法を紹介します!

その方法とは、毎週「隣の家族は青く見える」の放送終了後から、
見逃し配信をしてくれるFODプレミアムというサービスを利用する方法です。

そして、FODプレミアムは今、31日間無料お試しキャンペーン中ですので、
新作ドラマ、アニメなどの番組も見放題です♪

↓ ↓ ↓

⇒FODプレミアム31日間無料お試しキャンペーンはこちら!


ただ、31日間無料キャンペーンがいつ終了するかわからないので、
早めの登録がよさそうです(^ ^)

31日以内に解約すれば料金は一切発生しないので、
まずは31日間楽しんでから継続するか決めてもいいですね!

パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも視聴が可能です。

⇒FODプレミアム31日間無料お試しキャンペーンはこちら!

「隣の家族は青く見える」動画1話のネタバレ!

続いて、ネタバレいきますよ~!

2人の出会い

2人の出会いは主人公・奈々(深田恭子)がインストラクターとして、
働いているプールだった。

生徒として参加していた大器(松山ケンイチ)が、足をつってプールをでおぼれているところ、奈々が助けたことがきっかけだった。

プールサイドに引き上げられた大器は、奈々に一目ぼれ

「あ、あの俺の子供生んでください!」

と告白。

そこから、2人は交際、結婚することになる。

出会いから5年後、家を買うことに

結婚した奈々と大器は、2人はをある日、
コーポラティブハウス建設のための、入居者の打ち合わせに行く。

あつまったメンバーは、川村亮司(平山浩行)と杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)の子供をつくらないカップル、小宮山真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)の幸せを装う夫婦、そして一級建築士の広瀬渉(眞島秀和)の7人。

この日は、共有スペースについての話合いだった。

広瀬「プールという選択肢もあります。ただし、建設費用は高くなりますが」

川村&杉崎「プールがあれば、ジムにいかなくてもいいな」

深雪「プールなんて夏しか使えないんだし、
うちは子供がいるから子供が遊べるスペースがいいわ」

奈々「うちは職場がプールなので、別の方がありがたいです」

深雪「バーベキューなんてできたら、いいんじゃないかしら、
皆さんいずれはお子さん作られるだろうし、ねっ?」

全員黙り込む。「・・・・・」

川村「うちはまだ結婚もしていませんしね」

深雪「でもいずれは結婚するんでしょう?仕事忙しいのわかるけど、
子供は絶対につくったほうがいいわと」

深雪「五十嵐さんのところは、ご予定ないの?」

小宮山真一郎が、深雪の話をさえぎるように

「ご家庭によって、いろいろ考えがあるから・・・」

深雪「子供が欲しいというのもは、女性共通の願いよ!
女は子供生んで1人前だもの、ねぇー」

杉崎ちひろの顔がひきつる。

この様子を見た奈々は、

「いろんな価値観があるので、子供を持つのが女性の全てだとは思いませんが。。。。
私は欲しいと思っています。」

深雪「そうよね!少子化に歯止めかけなきゃね!」

川村「いいですよ、共用スペースは子供がいる家庭を優先して」

杉崎ちひろ「私たち、これから仕事なので、後はお任せしていいですか?」

打ち合わせ場所を離れた、杉崎ちひろは怒りを爆発させる

「あぁ、むかつく!なんなの!アノおばさん、口を開けば子供、子供って」

川村が、杉崎ちひろをなぐさたあとに

2人は式場探しに向かった。

一級建築士広瀬、独立をすすめられる

広瀬は、務める建築事務所で上司から独立してみないかと、言われる。

上司「おまえがいてくれるのは、助かるけどそろそろ、結婚も考えないとな」

疲れた表情で席にもどる広瀬に、同僚の長谷部留美(橋本マナミ)が声をかける」

留美「独立するの?」

広瀬「いや、経営には興味ないな。。。」

留美「独立するなら私が手伝ってあげる」
留美「結婚してくれたら、子供も生んであげる・・・・」
留美「やだ、本気にしてる、冗談だってば」

留美「今日、ご飯食べに行こうよ」

広瀬「すまん、今日は予定があってな」

大器の実家の焼き鳥屋にて

この日は、奈々と大器、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)が実家の焼き鳥屋で食事していた。

琴音「結局、いくらためたの?住宅資金。結婚してからずっと貯めていたんでしょう。」

大器「お前に言う必要ないだろう」

琴音「いいじゃん、ケチ。」

奈々「800万円ちょっと。」

琴音「3年でそんなに貯まるの?」

後ろから、大器の母・聡子(高畑淳子)が話しかけてきた。

聡子「だって、奈々ちゃん、頑張ってたもんね。
新婚なのに、あんなボロアパート住んでさ、毎日お弁当作って、自転車通勤して」

奈々「元々、貯金があったのと、お互い実家暮らしだったからです」

聡子「あなた、奈々ちゃんに感謝しなさいよ、そのおかけげで、
あんたこの歳で、こんな立派な家買えたんだから・・・」

大器「はいはい」

聡子「そりゃね、あっちの方もそろそろね。。。」

大器「あっち?」

聡子「子作りに決まっているじゃないの。」

それを聞いた焼き鳥屋で働く糸川が運んできた料理をこぼしてしまう。

琴音「おかあさん、いっとくけど、それセクハラだからね」

聡子「何がセクハラよ、息子夫婦に孫が見たいっていって何がわるいのよ!」

琴音「それ、お兄たちに○○○しろって言っているのと同じだから」

広瀬の出会い

行き着けの店へ足をはこんだ広瀬。
カウンターにつくと、

広瀬「今日はにぎやかだね」

店の主人「もう帰るからさ」

赤ワインを注文し、メニューに目を通す。

ぎやかな後ろのテーブルが気になり、振り返ると、
お酒を一気飲みする青年と目があった。

その青年は若いバーテンダーの青木朔(北村匠海)

それから時間がたち、他の客が帰り静かになった。

広瀬は店の主人をワインを飲んでた。

そのとき、人が倒れるようなもの音がした。

主人がトイレへ行くと、そこには泥酔してトイレにいた青木朔だった。

主人「友達もう帰ったよ」

朔「友達じゃありません、知り合いの結婚式でたまたま同じテーブルだっただけです」

朔「結婚した人って、最近まで付き合ってた人(元カノ)だったんです!
普通、結婚式呼びます?」

広瀬「だったら、いかなきゃよかったのに」

朔「だって、どんな女か見たかったのに」

朔は広瀬のワイングラスを取り、一気に飲み干した。

主人「けじめ、つけたかったんじゃないの、自分にも、君にも」

朔は広瀬の目をみて、

「今日はとことん、付き合ってくださいね。奥さんに怒られる?」

広瀬「えっ、俺?いないけど」

朔「じゃ、いいじゃん、ワインもう1本ください」

主人「いいの渉君?」

朔「渉っていうんだ?わたるんって呼んでいい?」

その後、2人は一緒に帰ることに。

酔って、立てなくなった朔を起こそうとした広瀬だったが、
朔はたちあがった後

「わたるんも、こっち側の人だよね?」

それから2人の関係はスタートした。

実家からアパートに戻った2人

大器「ごめんね、閉店までつき合わせちゃって」

「言いにくいことも、ガンガン言ってくるし何つうかさぁ」

奈々「そこがいいんだよ、私一人っ子だからあういうにぎやかな食卓に憧れていたんだぁ」」

奈々「大ちゃん家の家族は理想だよ!」

大器「そうかなぁ」

奈々「うちもあんなにぎやかな家族つくりたいね」

大器「うん、そうだね」

奈々「だから私、お母さんの意見には賛成なんだよね」

大器「えっ?」

奈々「そろそろ、子供つくろうかって話」

大器「えっ?マジで、ついに解禁?」

大器は寝室に走った。

奈々「ちょっと、今から?大ちゃん、結構飲んだでしょ?明日でもいいでしょ?」

大器「膳は急げ、思い立ったが吉日、急がば回れだよ」

奈々「最後の意味違うよ(笑)」

妹が妊娠?

大器の実家の焼き鳥屋で、妹の琴音が両親と奈々夫婦に
妊娠を報告していた。

相手は、焼き鳥屋で父の弟子として働く糸川啓太だった。

怒り2人に詰め寄ろうとする父に奈々は、

「お父さん、琴ちゃんに子供が出来たってことは、2人の孫が出来たってことですよ、
すごいじゃないですか、おめでたいことですよ」

母・聡子は琴音を抱きしめた。

聡子「すっかり順番狂っちゃったけど、次はあなたたちの番だからね」

家が完成

あれからコーポラティブハウスが完成し、
新しい生活がスタートした。

新年早々、共用スペースでは住人たちがもちつきをしていた。

もちつきに参加していた、広瀬に深雪はお見合いの話を持ちかけるが、

広瀬をする気はないと丁寧に断る

そのとき、コーポラティブハウスをたずねてきた人の男性がいた。

奈々「広瀬さん、お客様いらしてますよ」

広瀬「えぇ、うちですか?」

入り口から現れたのは、朔だった。

朔「わたるん!」

朔の姿を見て、驚く広瀬。

広瀬「ちょっと客がきたので、失礼します」

気まずそうな広瀬は、朔を連れて、自分の部屋へ。

広瀬「何で急にくるんだよ!」

朔「サプライズ!」

広瀬「あのさ、泊まるなら泊まるで前もって連絡してくれないとぉ」

朔「泊まるんじゃないんだ、アパート解約してきたから」

広瀬「えぇ?」

朔「だから、泊まるとかじゃなく、今日からここで、一緒に暮らすの!」

広瀬「だって、俺言ったよな、ここ4件しかないんだから、どんな生活しているかわかるじゃん、
一緒に暮らせるわけないよな」

朔「もしかして、遊びだった?この1年は俺は物凄くうまく言っていると思っていたのに、わたるんは
そうじゃなかったの?」

広瀬「本気に決まっているだろ!」

朔「本気って言うなら、証拠を見せてよ。一緒に暮らすのがムリっていうなら、
今日ここでわかれよう。どうする?」

妊活スタート?

奈々と大器の2人は朝食を食べながら楽しそうに話していた。

奈々「お父さんとお母さん嬉しそうだったね。琴ちゃんの妊娠」

奈々「私、病院で見てもらおうかな・・・・」

大器「どこか悪いの?」

奈々「違う、ちゃんと子供ができる体なのか調べてもらおうと思っているの」

大器「まだ大丈夫だよ」

奈々「今月で1年3ヶ月、1年以上できないなんておかしくない?」

大器「気にしすぎだって」

そういう大器に対して、奈々は年賀状を取り出し、
子供が生まれた友人たちの話をし始めた。

奈々「なんか、私だけ置いてかれているようなきがして。。。」

大器「まあ、奈々が安心するなら調べてもらってもいいかもな」

奈々「本当!、じゃあ人気の不妊治療専門クリニックを予約するから2人で行こう」

大器「えっ、俺は大丈夫だよ・・・」

大器はあまり乗り気ではなかったが、
2人でクリニックに行くことになった

小宮山家

冬休みが終わり、新学期がスタートした朝。
一家は朝食の時間。

夫の真一郎は新聞をよみ、娘たちは登校の準備をすませ、食事をとっていた。

次女「ママどうして、写真とっているの?」

長女「インスタにのせるためよ」

深雪「この家に引っ越してから、ぐっとフォロワーが増えたのよ」

娘たちを学校へ送り出した後、深雪は真一郎に向かって。

深雪「何しているの?就職先が決まるまでは、前の会社行くフリしてって言ったよね?」

深雪「いつまで、正月気分でいる気よ!早く着替えて!」

真一郎は会社から、海外赴任を命じられたため、
退職し、求職中だった。

深雪「家買って、仕事をやめる人がどこにいるのよ」

真一郎「あの会社は辞めて正解だった。家売ればいいだろう」

深雪「そんなこと、恥ずかしくできるわけないじゃない、社宅の人たちに家買うって言いふらしちゃったし、
あなたが就職して、ローンさえ払ってくれればいいのよ!」

気がづくと真一郎の姿はなかった。

2人はレディースクリニックへ

奈々と大器はあの日予約した、不妊治療専門クリニックを訪れていた。

診察時間前にも、かかわらず院内は多くの患者で込み合っていた。

長い待ち時間に、寝てしまう大器。

「248番の方」

2人は診察室へ。

医師「五十嵐さんですね、今日は不妊症かどうかの検査をご希望とのことですが・・・1年以上妊娠がないということは、
検査するまでもなく、不妊症といえます。」

不妊症といわれ、驚く様子の2人。

大器「えっ、そうなんですか?」

医師「不妊治療を行うにあたって、夫婦で納得されていますか?」

言葉を失う2人。

医師「不妊の原因は様々です、検査をしても原因を特定できない場合もありますし、治療したからといって、かならずしも、妊娠に至るともかぎりません。経済的に精神的にも負担が大きいです。治療を受けるには覚悟をしても貰わなければいけません」

医師を話を聞いた2人は検査をうけることにした。

突然の電話

川村と杉崎ちひろと、ウエディングドレスを選んでいた。

すると、川村の電話がなった。
電話は知らない番号。

川村「えっ、そんな・・・」

電話は別れた妻の実家からだった。

川村の元妻が事故でなくなったという連絡だった。

妻の実家には、5年前に別れた息子がいたが、
川村を見ても無反応だった。

元妻の母「新学期が始まってからまだ学校へも言ってないんです。
気持ちの整理がついてからと思いまして・・・」

どうする?不妊治療する?しない?

クリニックで検査を終えた奈々と大器の2人は、
自宅に戻っていた。

大器「結局、1日かかったね」

奈々「今、カップルの6組に1組が不妊治療しているといわれているの」

大器はお酒を2つ冷蔵庫をとりだして、テーブルの上においた。

奈々「私はいいや」

大器「なんで?」

奈々「お酒やめてみようと思うの」

大器「俺も辞めたほうがいい?」

奈々「大ちゃんはそこまでしなくて言いいよ」

大器「よかったぁ」

奈々「・・・・・・」

奈々は不安そうな表情を見せる。

奈々「で、どうする?不妊治療する?しない?」

大器「いいんじゃない、病院なんか行かなくても、だってそのうち自然にできるよ」

奈々「私もそうおもってた。だから、先に家を買って、子供はあとでいいやって、のんびり構えていた」

奈々「でも、この1年ですっかり自信なくしちゃったんだよね。そのままでもできるんじゃないかってすごい甘い考えだったんじゃないかって」

大器「個人差あると思うよ、先生は1年以上できなければ不妊って言ってたけど、どうかと思うよ。」

奈々「若かったら、私もそう思っていたと思う。でも私も35だよ。年齢とともに妊娠率は確実に低下するって言われたし・・・」

しばらく黙り込む2人。

奈々「あっ、お腹すいたよね?何かカンタンなもの作るね」

キッチンへ向かう奈々。
2人は一緒に食事をつくった。

仕事中、奈々は職場の前を通る子供連れの夫婦を見ては複雑な表情を見せる

次の日の朝を迎えた。めざまし時計が鳴り響く。
2人はベッドの上だった。

奈々「大ちゃん起きて、時間。」

大器「うん、ダメだ。緊張しているわ」

奈々「なんで、緊張しているの普段どおりでいいんだよ」

大器「昨日の夕飯、あれのどこが普段どおりなんだよ」

前日の夕飯は、うなぎやレバー、納豆が出されていた。

奈々「きづいてたんだ」

大器「誰でも気づくは」

奈々「冗談のつもりがプレッシャーになっていたんだ。」

大器「いや、この後自分の精子が検査されと思うと、なんだかなぁ」

奈々「・・・・・・」

大器「治療に前向きじゃないのも、どっかでビビッているからなんだよ。子供は欲しいよ、でも不具合見つかるのが怖い・・・」

奈々は起こした体を再びベッドに沈めて、2人が付き合い始めの頃の話をした。

——————————————–

給料日だったので、普段行かない高級なレストランに行った2人。

となりの席には赤ちゃん連れの、お客さんがいた。
赤ちゃんが突然ぐずりだしたのだが、なかなか泣き止まず。

夫婦は交互に赤ちゃんをあやしに席を立っていた。

他のお客さんからは、

「席変えてくれないかな」

という声も聞こえ、

夫婦は気まずくなり、食事もしないまま帰ろうとした。

それを見ていた大器が立ち上がり、

「気にすることないじゃないですか、赤ちゃんが静かだったら逆に心配ですよ」

と夫婦に声をかけた。

続けて、周りの客にも声をかけて、その場を和ませた。

——————————————–

奈々「あのとき思ったんだよね。なんて素敵な人なんだろうって、
この人と結婚したら、毎日幸せだろうなって」

大器の顔を見て

奈々「この人と家族つくりたいなって・・・」

大器「そんな話はじめてきいたよ」

奈々「初めていったもん」

大器「よし、いけそうな気がする」

以上、「隣の家族は青く見える」(となかぞ)のネタバレでした!

「隣の家族は青く見える」動画1話を見逃した人は、
フジテレビ系のドラマが1話から見逃し視聴ができるFODがオススメです。

⇒FODプレミアム31日間無料お試しキャンペーンはこちら!

登録もカンタン最短3分!
お得な31日無料キャンペーン中に見ちゃいましょう♪

まとめ

以上、今回は「隣の家族は青く見える」(となかぞ)の1話の見逃し配信を無料で安全に見る方法と、ドラマのネタバレを紹介しました!

紹介したFODプレミアムは「隣の家族は青く見える」以外のドラマや映画も見れるので、
まずはのぞいてみてくださいね!

「隣の家族は青く見える」について、気になる情報が入り次第また紹介します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!