安室奈美恵になれる!?メイク方法と使っている化粧品は?

ハイサイ♪

安室奈美恵さんは本当にいくつになっても変わらず綺麗ですよね。

そんな安室奈美恵さんが普段どのような化粧品を使って、
メイクしているのか気になる方も多いと思います。

そんな方々のために安室奈美恵さんが使っている化粧品を調べてみました。
安室さんメイクをしたい方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

安室奈美恵のメイク方法を紹介!

それでは安室奈美恵さんのメイク方法をご紹介します。

①ファンデーションは特に特別なことはないようなので、皆さんが普段お使いのものを使用してください。ツヤ感のあるものよりはマットタイプのものが良いと思います。

②目元は安室奈美恵さんメイクの最も重要なところになりますのでしっかりおさえておきましょう。

特徴的なのはアイシャドーを2色以上使用する事です。

全体的にパールのシャドーを乗せ、濃い目のアイシャドーを目尻に多く入れるのが安室奈美恵さんのメイク方法。

色はパープルやブルーが多いようです。

アイラインは長めに引いて終わりを少し上向きに仕上げます。

またポイントである眉ですが、今流行の太眉ではなく自然な程度の細眉になっています。
アイブロウは濃い目のブラウンで緩やかに引きます。
仕上げは目尻より少し長めとなっているようです。

③リップはオレンジ系が多いようです。またグロスを重ねツヤを出しています。

④シェーディングを髪の生え際などに入れ、立体感を出します。

もし使用している色が自分に似合わない…というようなら少し変更してみましょう。

シャドーをゴールドやブラウンに、リップをピンク等にすると自然ですし、似合う方も多いのではないかと思います。

スポンサーリンク



安室奈美恵が使っている化粧品はこれ!

安室奈美恵さん愛用の化粧品をご紹介します。

・豆乳せっけん


安室奈美恵さんは豆乳石鹸で洗顔されているようです。
あの美肌は基礎の洗顔から作られているんですね!

豆乳に含まれるイソフラボンのおかげでつっぱらず、仕上がりはふっくら、もち肌に。
安室奈美恵さんのキメの細かい赤ちゃん肌になるのも納得です。

⇒豆乳石鹸を楽天で見る

・三つの雫
化粧水はこちらを愛用しているようです。

この角質ケアによっていつまでもみずみずしい肌を保っているようです。

・セラムルビビフィアンs(クレ・ド・ポー ボーテ)

愛用の美容液はこちら。
この美容液がハリのある肌を作り、安室奈美恵さんの赤ちゃん肌が保たれているようです。

⇒セラムルビビフィアンsを楽天で見る!

安室奈美恵の若さの秘訣

安室奈美恵さんはいくつになってもとてもお若く見えますよね。
お子さんを1人育てながら一体どうやってこの若さを保っているのでしょうか?

その若さの秘訣を調べてみました。

・半身浴
安室奈美恵さんは半身浴をほぼ毎日しているようです。
漫画や携帯を持ち込んで1時間半~2時間ほど行っているんだとか。
半身浴にはデトックス効果がありますので日々の仕事の疲れを半身浴で流しているんですね。

・ダンス
これは安室奈美恵のスタイルを保つのには欠かせない方法ですよね。
普段のライブパフォーマンスでもキレのあるダンスを披露してくれますが、このパフォーマンスを行うために毎日ダンスしているならあのスタイルも納得です。

・睡眠をしっかりとる
また安室奈美恵さんは睡眠はたっぷりとっているとも仰っているようです。
確かに夜の22時~深夜2時までの間に睡眠を取る事でお肌のターンオーバーがしっかりできますので、あの若々しい肌を保っているのも納得ですね。

安室奈美恵のような小顔に見せる方法!


安室奈美恵さんは誰もが憧れる小顔の持ち主です。
小顔に憧れるけど、生まれつきの顔の大きさは変わらない…なんて諦めないでください。

メイクで簡単に小顔に見せる方法があるんです。

それはシェーディングというメイクの方法のひとつで、
陰をつけて立体感を出すことによって簡単に小顔に見せることができるんです。

小顔に見せるにはシェーディングを額の髪の生え際、
エラとあご下、小鼻のくぼみに入れるのがコツです。

加えて鼻の頭とおでこにハイライトを入れれば安室奈美恵さんのようにメリハリのある顔に!

メイクの時に少し手を加えるだけで顔の大きさの印象が変わりますので、
是非試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
安室奈美恵さんのメイクの方法や化粧品についてご紹介いたしました。

とにかく基礎化粧品でしっかりベースのお肌のお手入れを!
それに規則正しい生活や運動を心掛けることも大事でしたね。

メイク法もすぐに実践できる事ばかりですので、
ぜひ挑戦して安室奈美恵さんのような小顔美人を目指しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!