チケ流の嵐のチケットは安全?本人確認される可能性と高額な理由

ハイサイ♪

チケキャン(チケットキャンプ)のサービス一時停止の影響で、
チケ流(チケット流通センター)で嵐のチケット購入を検討している人が多いようです。

先日はチケキャンで購入したチケットで入場できない
トラブルが話題になっている
だけに、

チケ流に出品されている嵐のチケットは安全なのか
不安な方も多いのではないでしょうか?

今回は、チケ流で出品中の嵐のチケットは安全なのか調べてみました!

スポンサーリンク

チケ流の嵐のチケットは安全?本人確認の危険は?


チケ流で購入した嵐のチケットは安全なのでしょうか?
最も気になるのは会場での本人確認ですね。

先日はチケキャン(チケットキャンプ)でチケットを購入した方が、
嵐の名古屋公演で本人確認をもとめられ、入場できないトラブルが発生しています。

名古屋公演で、チケ流で購入した人も同じトラブルにあっていたようで、
チケキャンがダメだからチケ流が安心ってことはないようです。

(チケ流で買った葉担の友達が今日の嵐の名古屋ドームに入れなかったと連絡が。その子は同行者だったけど、代表と共に身分確認され、FC停止1年間 ブラリ入りしたそうです。他にも同じ人がいて、その人はチケキャンで購入。泣き崩れた人もいたとこれから入る人は気をつけて!)

ちなみにブラリとはブラックリストのことで、会場で転売での購入がばれた人は、
ブラックリスト入りとなり、ファンクラブの資格停止などの重い処分になります。

そこまでやるか?と個人的には思うのですが、
規約で転売を認めてない以上は文句はいえません。

買う側もいけないのですが、それ以上に売る側にもっと厳しい処分が必要ですね。

チケ流で嵐のチケットの購入は、入場できないリスクがあることを十分知ったうえで、
行いましょう。既に、購入済みのチケットで公演に行くのも自己責任ということになります。

スポンサーリンク



本人確認はチケ流から情報の流出!?

さて、本人確認は全ての人に行われたわけではないので、
転売チケットで入場できた人もいたようです。

では、どのような基準で本人確認が行われたのでしょうか?

転売の情報を事務局側が把握していたとの情報もありますが、
今回のケースはそれはないと考えられます。

転売されているチケットは電子チケットで、
出品している側も、座席の情報は知らないため一切公開していません。

チケ流側が情報を流しているという情報もありますが、
それはさすがにデマだと思います。

そんなことしてもメリットはないし、つぶれちゃいますからね。

コンサート事務局側が、情報を仕入れる可能性はなくないですが、
情報が少ないので、特定は難しいはず。

それよりも会場でランダムに本人確認したほうが効率的です。

販売しているチケットから何組か選んで、確認したのでしょう。

ただし、現状はチケ流で1枚10万円を超えるチケットが転売されているので、
事務局側が対策を厳しくしていくのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク



チケ流 嵐のチケットが高額な理由

ではなぜ、チケ流では嵐のチケットが1枚10万円を超える高額な金額で
売られてたりするのでしょうか?

チケ流では、転売目的で購入したチケットの出品および、
転売目的での注文は認めていません。

本来なら、出品代金を正規金額と同等またプラス手数料ぐらいの金額に制限
かければ転売目的での出品や購入はなくなると思うのですが、

出品金額に制限がないため、いくらでも高くなってしまうのです。
嵐ほど人気グループになれば、10万円超えても買う人がいるのでしょう。

現在はチケキャンのサービス一時停止で、チケ流に転売チケットが流れていることも
高額化している原因かもしれません。

また、オークションと違ってシステム上、一切値引き交渉ができないため、
高額になりやすいという理由もあります。

チケ流も本人確認を実施したり、取引枚数を制限を行っているようですが、仲介手数料で成り立っているビジネスですので、さすがに出品金額は制限できないのでしょう。

気になるチケ流に入る仲介手数料!

ここからは、転売とはあまり関係ありあせんが、
チケ流にはどれくらい仲介手数料が入るのでしょうか?

チケ流ではチケットの売買が成立した際に、出品者と購入者が、
それぞれ金額に応じた仲介手数料を払う仕組みになっています。

■出品者

・売価金8,000円以下のチケット:一律金820円(税込)
・売価金8,500円以上のチケット:売価×10.26%(税込)

■購入者
・購入金額:1円~10,000円 金432円(税込)
・購入金額:10,001円~30,000円 金756円(税込)
・購入金額:30,001円以上 チケット代金の3.24%(税込)

例として、嵐のチケットが10万円で出品されていたとしましょう。

出品者:100,000円×10.26%(税込)=10,260円(税込)

購入者:100,000円×3.24%(税込)=3,240円(税込)

合計:10,260円(税込)+3,240円(税込)=13,500円(税込)

これは、あくまでも10万円という高値で取引され場合ですが、
仲介手数料はかなりの金額です。

これが高いのか、判断が難しいのですが、これで成り立っている以上、
出品金額に制限をかけることは難しいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、チケ流で出品中の嵐のチケットは安全なのか調べてみました!

結論は、転売チケットは本人確認の可能性がある以上は、
安全とはいいきれないため、購入は自己責任で行うべきです。

数万も払って、入場できない挙句、ファンクラブから追放の可能性もあるので、
個人的にはオススメしません。

チケットの転売について、また気になる情報が入り次第紹介したいと思います。

スポンサーリンク



次に読みたいページはこちら!
チケットキャンプの転売に関する記事をまとめています。
↓ ↓ ↓

⇒チケット転売問題情報まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!