無人島0円生活2017「よゐこVSナスD」のロケ地の場所はどこ?

ハイサイ♪

12月29日はよゐこの「無人島0円生活2017」が放送されます。
この放送では、よゐこ濱口さんのナスDと対決ということでかなり注目をあつめています。

そして対決の舞台となる無人島(ロケ地)に注目が集まっています。
今回は、無人島0円生活2017」のロケ地の場所について情報をまとめました!

スポンサーリンク

「無人島0円生活2017」ロケ地はどこ?

「無人島0円生活2017」 ロケ地ですが非公開となっています。

魚介類をとるのも、地元の漁協に許可をとって撮影しているはずなので、
場所は公表できないなのでしょう。

一般の人が簡単にいける場所ではないと思いますし、
わざわざ冬の海に潜ろうなんて人はいないと思いますが、

公表できない事情があるのでしょう。

ロケ地は番組のスタッフが一泊二日のリサーチをして決定するそうで、

島のガイド本「SHIMADAS」(シマダス)を参考に日本にある1000以上の
島の中から選んでいるそうです。

ちなみにこちらが「SHIMADAS」(シマダス)です↓

ただし、ネット上の情報から過去のロケ地が判明しているところもあるので、
ある程度ロケ地を予想できそうです。

続いて過去のロケ地を紹介します。

スポンサーリンク



*追記12/29

よゐこの2人を乗せた船を調べたところ、
椛島の海上タクシー増栄であることがわかりました。

椛島(かばしま)は五島列島にある8番目に大きな島です。
今回のロケ地は、椛島周辺の無人島で間違いないでしょう!

「無人島0円生活」の過去のロケ地

ネットの情報から、判明しているロケ地があります。

いずれも、九州の無人島ですね。

五島列島も奄美群島も、小さい島がたくさんあるので、
状況によって場所の変更がしやすいのかもしれませんね。

・長崎県の五島列島「大板部島」「小板部島」(森泉&長谷川潤)

140以上の島からなる五島列島の島です。
あまりに小さくてグーグルマップにも乗っていませんでした。

五島列島周辺は魚が多く取れると有名な場所なので、
「無人島0円生活」のロケ地としては最適な場所といえますね。

今回も、五島列島周辺がロケ地の可能性は十分ありそうです。

スポンサーリンク



・鹿児島県奄美市の奄美群島の加計呂麻島(土屋アンナ&冨永愛)

加計呂麻島は無人島ではないので、ここがロケ地なのか少し疑わしいですが、
加計呂麻島周辺の無人島なら、可能性はありそうです。

奄美大島の南にあり、冬でもあまり寒くならないので、
ロケ地としても良さそうです。

もう少し南にいけば、沖縄が見えてくるので、
ぜひ、沖縄をロケ地にして欲しいと思います。

「無人島0円生活2017」ロケ地を予想!

過去のロケ地の情報や以下の条件から「無人島0円生活2017」ロケ地を予想してみました!

・空港が近い

・雪が降らない

・魚介類が豊富に獲れる


今回のロケ地も、やはり「長崎県の五島列島周辺」または「鹿児島県の奄美群島周辺」
の無人島である可能性が高いです。

管理人の住む沖縄の離島には美しい無人島がたくさんあるので、
ぜひロケをやって欲しいのですが、可能性は低そうです。

その理由として無人島が多くある沖縄の離島では、空港がないところがほとんどで、
東京からアクセスしづらいからです。

コストや時間もかかりますし、緊急時の対応が難しいですからね。

冬場は船の欠航が多いので、飛行機でアクセスしやすい場所の可能性が高いです。

スポンサーリンク



よゐこと対決するナスDはどんな人物

今回の注目は、なんといっても対決相手であるナスDですね。

テレビ朝日のテレビプロデューサーで「陸海空 地球征服するなんて」
に出演して話題になった人物です。

南米のジャングルで生きた川魚やサル、カタツムリを食べるなど、
破天荒な行動で、芸能人以上の人気です。

よゐこ濱口さんとは、過去に出演した番組でつながりがあるようで、
どのような対決になるのか楽しみです。

ナスDについては、こちらの記事で詳しく書いているので、
あわせてお読みください♪

⇒ナスDの出身大学や高校はどこ?脅威のスピード出世の理由

個人的には、アマゾンのジャングルでの対決を見たいので、
次に期待したいと思います。

よゐこの無人島0円生活を疑似体験!?

無人島0円生活で、使っていたグッズを見つけたので紹介します。

小麦粉に水を足し、それをお米に似せてつまんで、チネって、
ちぎってつくる食材「チネリ米」をつくれる「チネリータ」です。

こどもと一緒につくると楽しそうですね!

美味しいかどうか、分かりませんが、自宅で試してみたい人は、
楽天のページをのぞいてみてくださいね♪

↓ ↓ ↓

⇒チネリータを楽天で見る!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「無人島0円生活2017」のロケ地について情報を紹介しました!

ロケ地は非公開であること、島のガイド本「SHIMADAS」(シマダス)から選ばれていて、
過去のロケ地は九州の無人島で行われていることがわかりました。

ロケ地に最適な条件を考えると今回も、九州の無人島になる可能性が高そうです。
詳しい情報が入り次第また紹介します!

スポンサーリンク



ナスDをもっと知りたいあなたに、オススメの記事はこちら!

↓ ↓ ↓
⇒ナスD特集!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!