チケキャンのサービス一時停止で困るの声続出!?ネットの反応まとめ!

ハイサイ♪

チケット売買サイト「チケットキャンプ」(通称:チケキャン )の
サービス一時停止を受けて「困る」という声が続出しています。

ネット上では「チケキャン 困る」で検索されているようで、
同じ困るでもチケットを転売していた人もいれば、購入していた人もいて、理由は様々です。

今回は「チケキャン 困る」についてネット上の反応をまとめてみました!

スポンサーリンク

「チケキャン 困る」についてのネットの反応

ツイッターから、「チケキャン 困る」についての反応を紹介します!

転売に対しての恨みの声や、チケキャンを利用できない人の声まで様々です。


↑定価に近い金額で販売されているサイトもあるそうです。


↑チケットいけなくなってしまったときは、利用者の多いチケキャンが売りやすいですからね。


↑転売以外にも困っている人が多いみたいですね。


↑運も必要なんですね。


↑仕事でいけない人にとっては本当に困るかもしれません。


↑紅白チケット50万ってヤバイですね。それでも買う人がいるのも驚きです。

スポンサーリンク



チケキャンが叩かれる理由

「チケキャン 困る 」で検索すると肯定派も否定派も賑わっていますね。

ちょっと気になる発言があったのですが、

「空席作ってもチケット代払ってるから良い」「高い金払ってんのは自分だから良いだろ」

実はコンサートの収益って、チケットよりも会場で販売されるグッズなどの物販が大きいので、チケットに金使いすぎたら、グッズの売り上げに影響でてしまいます。

管理人も、何度か大物歌手のコンサート会場の設営のバイトをやったことがありますが、
全国ツアーともなると、機材の搬入だけで、20tトラック10台とか普通にあります。

設営には、セットの設営、音響、照明、会場の運営などに関わる数百名の人間が関わっていて機材の運搬や人件費だけで数千万のお金が一日でなくなってしまうのです。

つまりチケットの収益から、コンサートの運営にかかる経費をひくとほとんど利益は残らないでしょう。グッズの収益がなければ、赤字の可能性だって十分あります。

チケットの転売は、欲しい人が手に入らない問題と同時に、コンサートの運営側の収益を奪っているという問題があるのです。

この理由からチケットキャンプなど、転売に利用されるサイトが叩かれているのです。

スポンサーリンク



チケキャンで買う側の困る理由

チケキャンが転売の温床になっていることは事実でしょう。

ただ、チケキャンがなくなっても転売が規制されない限り、
個人売買に移るだけで、転売がなくなることはないでしょう。

個人的にも、チケットの転売はよいとは思ってませんが、
チケキャンがあることで購入する側も安心して購入できたのは事実です。

ツイッターでもチケットの売買のやりとりを見かけますが、
トラブルが起きる可能性がとても高いです。

身元が分からない人と直接、会うのもかなり危険です。

チケキャンで売る側の困る理由

チケキャンの停止で困る理由はかならずしも転売している人だけではありません。

急に行けなくなった時とかすぐに、必要な人見つけられるのは便利だし、
本人確認して登録をした上でちゃんと取引できる場所は必要です。

Twitterとか個人売買が横行したら、詐欺られたりする確率は今より上がるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はチケキャンのサービス一時停止で困る人の声を紹介しました。

困る理由はいろいろありますが、本当に欲しい人が、
適正な値段で買えるような仕組みになってほしいですね。

個人的には、これだけ高値で売買されるなら、
最初からいい席は高値で売れば、いいと思います。

運営側の利益も確保でき、転売も減るしファンも購入しやすくなりますからね。

スポンサーリンク



次に読みたいページはこちら!
チケットキャンプの転売に関する記事をまとめています。
↓ ↓ ↓

⇒チケット転売問題情報まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!