チケキャン購入したチケットがバレる理由!転売は違法なの? 

ハイサイ♪

チケットキャンプ(チケキャン )のサービス一時停止が、
ネットユーザーの間で話題になっています。

サービス停止の理由は、チケットの転売とは別の理由ですが、
やはり注目を集めているのはチケットの転売です。

チケットによっては、購入した本人しか利用できないものの多く、
チケットキャンプで購入したチケットで実際に入場できないケースもあるようです。

今回はチケットキャンプで購入したチケットが転売されたものだとバレる理由について情報をまとめました。

スポンサーリンク

チケキャンでの購入がバレる理由

人気歌手のコンサートでは、入場の際に本人確認が行われている場合も少なくありません。

一般的な方法としては、チケットに記載された名前と入場者が持参した「身分証明書」を照合するものです。

この身分証明書は免許証、パスポート、あるいはファンクラブの会員証等です。

ジャニーズのチケットは、購入者本人以外の使用はできません。
家族や友人に譲るのも認めてないので、特に注意が必要です。

「バレなきゃいいだろう」という考えは危険です。

全員をチェックするのも、物理的に無理ですが、
抜き打ちでやられる可能性もありますからね。

売るほうも買うほうもトラブルに会う可能性があることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク



チケキャンでのチケット売買は違法なの?

そもそも、チケキャンでのチケット売買が法的に問題ないのか、
確認しましょう。

結論から言うと、『チケキャン』(チケットキャンプ)で、
チケットの売買は違法は必ずしも違法ではありません。

違法になる場合はあくまで、「営利目的」の場合です。

例えば、コンサートに行く目的で購入したけど、仕事や病気で行けなくなって、
二次流通サービスやネットオークションで売る行為自体は違法ではありません。

1万円のチケットを2万円で売ったら、利益が発生しているので「営利目的」ととられてしまう可能性はありますが、オークションに出品した場合、金額が上がる可能性もあるので、難しいところです。

現実的には1枚、2枚なら本人と家族の分といえば、「行くつもり」で購入したといえるので、
「営利目的」とみなされることはないでしょう。

ただし、1人で数十枚のチケットを購入して、出品した場合は明らかに「営利目的」なので、
やめましょう。

スポンサーリンク



チケキャンでの売買は今後どうなる?

チケキャンも「営利目的」の転売に対策をとっていて、12月1日には、
以下の対策を打ち出しています。

サービスの再開がいつになるのか、今のところ未定ですが、
チケットの規約を確認のうえ、以下の要件を満たせば売買は問題ないでしょう。

ただし、音楽業界が国会議員に対してチケットの営利目的の転売を禁止する
法律を制定するように動きかけているので、今後の動向に注目が必要です。

  1. 1公演あたりのチケット出品枚数のルール変更
チケットキャンプ上で1公演につき出品可能な枚数を来年1月より「4枚」までといたします。
なお、転売する目的で不正に取得したと当社が判断するチケットにつきましては、より一層対応を強化してまいります。

2. 本人認証厳格化
初回出品の際に、本人情報(住所・氏名)の登録を必須とし、出金時には更に身分証明書等の確認を行い登録された氏名と一致する銀行口座名義ではない場合は売上金を引き出せない仕様・運用と致します(※)。なお、過去に出品経験のあるお客様についても適用します。
本人認証厳格化のシステム対応は、来年3月を目途に進めてまいります。
※家族名義の銀行口座や婚姻等による改姓等の場合など一定の例外はございます。

3. カスタマーサポート強化
上記対策を確実に実施するためカスタマーサポート体制を強化してまいります。

速やかに上記施策を実施することでさらに安心してご利用いただけるサービスの提供を目指してまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

出典:チケットキャンプ公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はチケットキャンプで購入したチケットが転売されたものだと
バレる理由について紹介しました。

人気歌手のコンサートチケットになると、入場の際に本人確認を行う場合があります。

また、オークションに出品されたチケットなどは関係者が常にチェックしていて、
無効にされてしまうケースもあるようです。

チケットを売買する際は、法律や規約に違反しないように注意しましょう。

スポンサーリンク



次におすすめの記事はこちら!
↓ ↓ ↓
⇒チケキャンのサービス一時停止の理由がヤバい!あの事務所の圧力?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!