殺人インフルエンザが学校で大流行!?子供の予防方法や症状は?

ハイサイ♪

毎年冬になると心配なのが、インフルエンザ。
2017年には殺人インフルエンザとよばれる「H3N2型」の流行が予想されています。

インフルエンザはその年の夏に、南半球で流行したウイルスが、
冬に日本で流行するのですが、

今年の夏にオーストラリアで大流行した殺人インフルエンザは
約21万人が感染し、546人の死者がでています。

感染者は、5~9歳の子供と80歳以上の高齢者が多く、
子供のいる家庭では特に、殺人インフルエンザに備えておく必要があります。

今回は殺人インフルエンザの子供への予防方法や、感染した場合の対処の方法について
紹介します。

スポンサーリンク

殺人インフルエンザの子供の予防方法!

インフルエンザといえば、子供の場合は学校で感染してくるケースが最も多いですね。

毎年、学校で大流行して、
学級閉鎖や学年閉鎖のニュースを耳にします。

感染力が高い殺人インフルエンザも学校で大流行する可能性があります。

管理人の周りでも、子供が学校で感染して、
家族全員が感染するケースが多いので、

子供の学校でも感染をいかに予防するかが重要です。

予防方法としては、やはり手洗いやうがい、マスクが効果的です。
ただし、殺人インフルエンザは感染力が強く重症化しやすいため

例年よりも、予防をしっかりおこなう必要があります。

外から家に帰ってきて手洗いやうがいを
毎回、手洗いやうがいを促すの大切ですが、

せっかく手を洗っても、手を拭くタオルにウイルスがついていたら、
予防効果が低くなってしまうのでペーパータオルがオススメです。

使用したマスクは、すぐにふたのついたゴミ箱に捨てましょう。

また、唾液で口の中が乾かないようにするのも効果的です。

さすがに学校でガムをかむのは厳しいと思いますが、
家では勉強中などにガムを与えてるのもいいでしょう。

スポンサーリンク



殺人インフルエンザの予防方法についてはこちらの記事でも
紹介しています。

あわせてごらんください♪
↓ ↓ ↓
⇒殺人インフルエンザの日本上陸はいつ?症状や感染経路、効果的な予防方法は?

殺人インフルエンザの子供の症状は?

殺人インフルエンザはインフルエンザA型の一種なので、
インフルエンザA型の症状である、以下の症状がでます。

子供は重症化する可能性があるため、これらの症状がでた場合は
早めに病院で診察を受けましょう。

・38℃以上の高熱
・関節痛
・筋肉痛
・倦怠感
・悪寒、寒気、体の震え
・頭痛
・下痢、便秘
・胃痛、腹痛
・吐き気、嘔吐
・ひどいせき
・喉の痛み、痰

子供はインフルエンザ脳症に注意!


子供が殺人インフルエンザに感染したときに、最も注意したいのが、
インフルエンザ脳症です。

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザウイルスに感染することで、
脳の働きに異常がでる症状のことです。

具体的な症状としては、高熱や咳、関節痛、倦怠感といった一般的なインフルエンザの症状に加えて、意識障害やけいれんが5分以上続くことがあります。

これらの症状は、熱が出た後、数時間から1日の間に現れることがほとんどです

特に5歳以下の子供がかかるケースが多く、後遺症が残ったり、
重症化した場合は命に危険があります。

高熱があり、意識障害やけいれんなどの症状が見られた場合は
すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

インフルエンザに感染した時の食事

子供がインフルエンザに感染した場合の食事ですが、
高熱の場合は、無理に食べさせる必要はありません。

ただし、脱水症状を起こす危険があるため、
食欲がない場合でも水分補給はしっかり行うようにしましょう。

水を飲んでくれない場合はスポーツドリンクがオススメです。

ただし、あまり冷たいものはよくないので、
常温のものを与えるようにします。

食欲がある場合はうどんやおかゆなど、消化の良い食べ物が良いです。

殺人インフルエンザで子供が嘔吐した場合

子供に嘔吐の症状がでた場合は、
脱水症状を起こす可能性があるので、早めの水分補給が必要です

また、トイレやドアノブなどは消毒を入念におこない、
家族への感染を防ぎましょう。

消毒の際はゴム手袋を使用するなど、
直接手を触れないようにすることも忘れずに。

まとめ

今回は殺人インフルエンザの子供への予防方法や感染した場合の対処の方法について
紹介しました。

殺人インフルエンザと呼ばれていますが、必要以上に恐れる必要はありません。

栄養や睡眠をしっかりとったうえで、手洗いうがいをしっかり行えば、
感染のリスクを減らすことができます。

スポンサーリンク



殺人インフルエンザの最新情報をまとめています。
こちらもあわせてお読み下さい。
↓ ↓ ↓
⇒随時更新中 殺人インフルエンザ最新情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!