殺人インフルエンザはワクチンが少ない!?タミフルは効くの?

ハイサイ♪

殺人インフルエンザが流行するのでは?
と話題になっていますね。

名前が強烈なだけに、特に小さなお子さんがいる家庭では
ワクチンを受けさせたいと考えている方が多いのではないのでしょうか?

しかし、一部報道では殺人インフルエンザのウイルス「H3N2亜型」のワクチンが少ないという情報もあり、タミフルなど薬の効果について気になる方が多いようです。

もし殺人インフルエンザに感染してしまった場合、タミフルなどの薬は効くのか、
どのような対策が必要なのか、情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

殺人インフルエンザにタミフルは効くの?

インフルエンザのの治療薬として知られているタミフルはオセルタミビルという薬で、
タミフルは商品名です。

タミフルはインフルエンザA型とB型に有効とされていて、
A型である殺人インフルエンザには効果がある可能性があります。

効果があると断言できないのは、発症後からの時間だったり、
タミフルに耐性をもっている可能性もあるからです。

通常、タミフルは、発症後48時間以内に投与を開始する必要があります。
そのため、それ以上の時間が経過している場合は処方されないこともあります。

そのため、インフルエンザの症状がでたら48時間以内に病院で診察を受ける
必要があります。

ただし、感染初期の段階ではウィルスの数が少ないため、検査結果が確実でない場合も
あります。

ここは、判断が難しいのですが、発症後12時間以上経過してからがよいそうです。

しかし、明らかに症状が強く出ている場合や、判断ができない場合は、
すみやかに病院へ行きましょう。

スポンサーリンク



殺人インフルエンザも基本的には同じ

殺人インフルエンザって名前が強烈で不安をあおってしまうような名前ですが、
必要以上に恐れることはありません。

対策はインフルエンザと同じです。

国や医師が推奨しているインフルエンザ対策を
しっかり確認して、殺人インフルエンザを予防しましょう。

うがいと手洗いが重要

インフルエンザ対策として、もっとも重要なのが、
うがいと手洗いです。

インフルエンザは手に付着したウイルスが、
口や粘膜を通して、体内に侵入することで感染するリスクが高くなります。

特に小さなお子さんは、外から家に帰ってくるときや、食事の前には必ず
うがいと手洗いをするように指導しましょう。

朝起きた、すぐの歯磨きも口のなかにいるウイルスを洗い流すのに有効といわれています。

うがいと手洗いは通常のインフルエンザ以上に入念におこないましょう。

効果的な手洗いの方法はこちらの記事で書いています
↓ ↓ ↓
⇒殺人インフルエンザの日本上陸はいつ?症状や感染経路、効果的な予防方法は?

殺人インフルエンザ対策グッズ

インフルエンザは感染している人のせきやくしゃみでも、
感染する可能性があります。

そのため、マスクで鼻や口からの侵入を防ぐことも有効です。

殺人インフルエンザが流行するとマスクが品薄になる可能性もあるので、
今のうち準備してもよいでしょう。

楽天でも、日本製のインフルエンザ対策用マスクを
扱っているようなので、チェックしてみてくださいね♪
↓ ↓ ↓
⇒楽天でインフルエンザ対策マスクを見る

また、手すりやドアノブに付着したウイルスから感染する可能性もあるので、
定期的に人の手が触れる場所は消毒しておいたほうが安心ですね。

特に、子供の手が届く高さにある場所は
こまめに消毒しましょう。

室内の空気の乾燥にも注意が必要です。
乾燥することで、インフルエンザウィルスの活動が活発になります。

そのため、加湿器を利用して湿度を保つようにしましょう。

値段も、楽天で数千円から購入できるものがあるので、
お持ちでない方は、値段を確認してみるといいでしょう。

↓ ↓ ↓
⇒楽天で加湿器を見る

殺人インフルエンザについてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

殺人インフルエンザへのタミフルの効果について紹介しました。

タミフルは、服用するタイミングや耐性、患者に状態によって効果が変わってくる可能性があるため、お医者さんの診察のもと正しい治療を受ける必要があります。

ワクチン不足も、報道が過熱しているために、本当に不足しているのか
わからないと思います。

インフルエンザは、基本的には自然の免疫力で治癒が期待できる病気だといわれています。

ワクチンや薬も重要ですが、それ以前に手洗いやうがいなど、
予防をしっかり行うことが重要です。

スポンサーリンク



殺人インフルエンザの最新情報をまとめています。
こちらもあわせてお読み下さい。
↓ ↓ ↓
⇒随時更新中 殺人インフルエンザ最新情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!