お年玉の相場 【2018年】いとこの子供はいくら?最新平均金額を公開!

ハイサイ♪

正月といえばお年玉ですね。

子供の頃は楽しみだった正月も、
大人になるとちょっと憂鬱だったりします。

甥や姪にはお年玉をあげるという人は多いと思いますが、
正月にしか会わない、いとこの子どもにはあげるべきなのか?

あげるとしたら、相場はどれくらいなのか非常に悩みますよね。

管理人も毎年、年の離れたいとこや、いとこの子にお年玉をあげているので、
気持ちはよく分かります。

だけど、あげないというのはまずいので最低限の相場を知りたい!

そうお悩みの方のために2018年のいとこの子にあげるお年玉の相場を調べてみました!

スポンサーリンク

いとこの子にあげるお年玉の相場【2018】

管理人が調べたところ、いとこの子にあげるお年玉の金額は、
地域やそれぞれの事情によって違うことがわかりました。

そもそも、いとこの子にはお年玉をあげてないていという方や、
毎年、正月に会ったり、いとこと付き合いがある方はあげているという方が多いです。

いとこの子にお年玉をあげる基準としては、
正月に会うか、会わないかでよいと思います。

続いて2018年の相場を年齢別に紹介しますね!

スポンサーリンク



年齢別お年玉一人あたりの相場!

では、いとこの子に渡す場合の相場はいくらなのでしょうか?

こちらは年齢別に相場をまとめました。

・赤ちゃん・未就学児:500円から1000円

・小学生低学年:1000円から2000円

・高校生:5000円

・大学生:5000円またはあげない。

全国的にはこのような、相場になっていました。

未就学児だと札よりも硬貨が、喜んでくれたりするので
500円玉を渡してもいいかもしれません。

高校生以上にあげる場合は、高額になる場合が多いようですが、
大学生にはあげないとか、中学生まであげているという人も多いです。

あと人数であったり、親戚同士であげる金額を決めてもいいでしょう。

人数が多い場合は一人1000円でもいい!

少人数であれば、先ほど紹介した相場で問題ないでしょうが、

人数が10名とかいると、大変です。

高校生が10名いると50,000円になっちゃいますからね。
これだと、かなりの負担になってしまいます。

個人的には、普段付き合いのない、いとこの子であれば、
一律1000円でも十分なのではないかと思います。

子供はお年玉を楽しみにしているので、
渡さないのは可愛そうですが、

金額に関わらずもらえれば嬉しいものです。

お金ではなく、図書券やお菓子などをお年玉として渡している人もいるようです。

お年玉はお金じゃなくてもいい?

現在のお年玉はお金が主流ですが、もともとはお餅でした。

これを聞いてちょっとびっくりですね!

本来、お正月というのは、新年の神様である「年神様」を家むかえるための行事で、
年の初めに「年神様」から毎年一年分の力を授かると考えられていました

正月に鏡餅は年神様の依り代なので、家に迎えた年神様は鏡餅に依りつきます。

すると、鏡餅には年神様の「御魂」(みたま)が宿ります。

この鏡餅の餅玉が、年神様の御魂であり、その年の魂となる「年魂」です。

そして、年魂をあらわす餅玉を、家長が家族に「御年玉」として、
分け与えたこが由来となっています。

お金で渡すのが一般的になったのは、昭和になってからのようです。

お餅で渡せれば、経済的にはかなり楽になりそうですが、
子供はがっかりするかもしれません(笑)

お金を渡すのが厳しい場合は、お菓子や小額のプレゼントなどでもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、いとこの子にあげるお年玉の2018年の相場について紹介しました。

いとこの子にあげる基準としては、正月に会うか会わないかで
判断してよさそうです。

相場については、あまり金額を高くしてしまうと、
年齢や人数によって、きりがありません。

年齢に関わらず一人1000円とか、お菓子や図書券にするなど、
ルールを決めてもいいかもしれません。

毎年のことなので、無理せずお年玉を渡せるようにしたいですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!