年賀状【2018年】宛名印刷サービス最安の業者はココ!

ハイサイ♪

年末が近づいてきて、そろそろ年賀状を
書き始める時期が近づいてきました。

最近は、年始を挨拶を友人通しならメールや
SNSで済ませる人が多いと思いますが、

仕事関係者への挨拶や結婚報告などは、
やはり年賀状を送る人が多いと思います。

あいさつ文は全て同じでも、宛名はそれぞれ違うので
宛名を書くのは、とてもしんどいですよね。

年賀状用のプリンタなども便利な商品も販売されていますが、
年に一度しか使わないので、購入するのももったいない気がします。

そこで、今回は2018年の年賀状の宛名印刷の最安業者を調べてみました!

スポンサーリンク

年賀状【2018年】宛名印刷の最安業者はココ!

年賀状印刷の宛名印刷も含めた総額が安い業者を調べたところ、
どうやらネットの年賀状印刷業者が安いようです。

イオンの年賀状も、よく利用されているサービスですが、
やはり印刷専業でやっているネットの年賀状印刷業者の方が安く印刷できます。

イオンもインターネットで注文すれば店頭より安くなるようですが、
スマホでの注文に対応していないため、やはりネットの年賀状印刷業者がオススメです。

それでは、最安のネットの年賀状印刷業者を紹介していきましょう。

最安の年賀状印刷業者はらくらく年賀状!

ネットの最安年賀状印刷業者は「らくらく年賀状」です。

管理人がネット上を調査した結果、最安の業者は「らくらく年賀状」でした!

お年玉付き年賀はがきは通常52円なのですが、47円なので驚きですよね!



最安の「らくらく年賀状」はこちらをクリック!
↓ ↓ ↓
⇒【らくらく年賀状】はこちら!

■らくらく年賀状のメリット

・お年玉付き年賀はがきは47円と安い!

・会員登録で5%OFF

・全国送料一律500円(沖縄・離島を除く)

・デザイン・印刷・加工・梱包・出荷まで社内で一括しているため、業界最安

・注文完了まで15分!

■らくらく年賀状のデメリット

・スマホ非推奨(スマホからだと一部利用できない機能がある)

*注意!

スマホでのデザインの見え方がパソコンとは
表示が異なるため、スマホで注文したい方には不向きです。

スマホで注文したい方は、次に紹介する業者がオススメです!

スマホ注文なら「挨拶状ドットコム」がオススメ!

スマホ注文ならスマートフォン・タブレット専用サイトから注文できる
「挨拶状ドットコム」がオススメです。

現在はキャンペーン中で宛名印刷が無料となっています。

また年賀状をご注文の先着70,000名様に、特典があるようです。

法人対応もしているので、取引先への年賀状もこちらで注文できますね!

宛先の印刷はお手持ちのエクセルや筆まめなどの宛名ファイルでも対応してくれるので、
わざわざ入力する必要がありません。

これはかなり嬉しいですね!



スマホでカンタン注文!
「挨拶状ドットコム」はこちらをクリック!
↓ ↓ ↓
⇒挨拶状ドットコムはこちら!

ネット業者を選ぶ際の注意点!

年賀状の印刷費は、期間限定の早割のキャンペーンをやっているところが
ほとんどなので、常に変動しています。

ほとんどの年賀状印刷業者が11月中のキャンペーンのようなので、
注文の際は、注文ページで金額を確認するようにしましょう。

写真プリントで業者を選ぶならRakpoがオススメ!

普段、年賀状は送らないけど、結婚報告やお子さんが生まれた報告として
年賀状をおくるなら写真付きの年賀状を送りたいですよね。

そこでオススメの業者がRakpo(ラクポ)です。

Rakpoは写真の印刷に銀塩プリントと呼ばれる方法を採用していて、
通常のインクジェット印刷と比べて、綺麗に印刷することができます。

銀塩プリントは色の劣化が少ないため、
きれいな状態で何年も残すことができます。

また印刷機や用紙も全て富士フイルム社製を利用していて、
写真にはかなりこだわりがある業者です。



写真プリントの年賀状なら、
高品質の銀塩プリントRakpo(ラクポ)がオススメ

こちらをクリック!
↓ ↓ ↓

⇒Rakpo(ラクポ)はこちら!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は2018年年賀状の宛名印刷の最安業者を紹介しました!

これまで、年賀状の時期になると憂鬱になっていた方も多いのではないでしょうか?

めんどくさく感じていた年賀状を送る作業も、ネットの年賀状業者を利用すれば、
安くてカンタンに綺麗な年賀状を送ることができますね。

他にも年末年始のお得な情報があれば紹介していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!