山田孝之が乗った自家用ジェット機の機種や値段は?【72時間ホンネテレビ】

ハイサイ♪

「72時間ホンネテレビ」にゲスト出演した山田孝之さんが、

番組に参加するために、映画の撮影現場から自家用ジェットで
駆けつけたことが話題になっていますね。

ロケ地は秋田だったようで、自家用ジェット機を使うなんて、
テレビ番組でもなかなできないことではないでしょうか?

この自家用ジェットは山田孝之さん本人のものではなく、
AbemaTV代表の藤田晋氏のものようです。

ネットでは「AbemaTVすごい」という意見が多くあがっていたため
ジェット機の値段や、所有している藤田晋氏の年収について調べてみました!

スポンサーリンク

山田孝之が乗った自家用ジェット機の機種や値段は?

山田孝之さんが乗った自家用ジェット機の値段ですが、
残念ながらジェット機の種類は、情報が見つかりませんでした。

そのため、自家用ジェット機として多く使われている
2つのジェット機の値段を紹介します!

どちらのアメリカ製なので、ジェット機の値段は為替に大きく左右されます。

億単位ですので、日本円が1円下がっただけでも、
スゴイ変動がありそうです。

それでは値段を見ていきましょう。

■ガルフストリーム G650

ビジネスジェット機では最速といわれる「ガルフストリーム G650」の値段ですが、
30億円から65億円ほどするそうです。

機内はまるでホテルのようですね。

■セスナ・サイテーション680

値段は、15億円~25億円ほどといわれています。
「ガルフストリーム G650」の半分ほどですが、それでも物凄く高いですね。

スポンサーリンク



自家用ジェットを所有している藤田晋氏の年収!

さて、自家用ジェットを所有する藤田晋氏の年収が気になりますね。

藤田晋氏といえばアメーバブログを運営する
サイバーエージェントの社長でもあります。

多くの芸能人がアメーバブログをやっていることから分かるように、
かなり儲けているのは間違いありません。

その藤田晋氏の年収ですが、2016年の高額納税者ランキングでは
7.5億円だそうです。

ジェット機にかかる費用はおそらく会社の経費で落としていると思いますが、
自家用ジェット機を所有するにはこれくらいの年収が必要なんですね。。。

自家用ジェット機を持っている日本人は少ない!?

自家用ジェット機を持っている日本人はかなり少ないようで、
10名程度しかいないという情報もあります。

かつてもホリエモンこと堀江貴文さんが所有していたようですが、
25億円で購入したものを9億円で売却したそうです。

維持費だけでも年間2億円ぐらいかかるらしいですからね。
ビジネスで使う機会が少ない場合はあまりもつメリットはないのでしょう。

現在所有している人でも、テレビでの公開を避けている人もいるため、
情報が少ないのではないでしょうか?

まとめ

今回は山田孝之さんがロケ地から乗ってきた自家用ジェット機について紹介しました。

自家用ジェット機を所有するには、飛行機の購入代だけで最低で15億円以上、
維持費だけで年間2億円かかることがわかりました。

日本では自家用ジェットを持っている人は少ないので、
自家用ジェットを持っている人に出会えたら物凄い金持ちであることは間違いありません。

72時間ホンネテレビで気になった情報があれば随時紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク



こちらの記事では元SMAPの3人についての記事をまとめています。
あわせてお読みください!

こちらをクリック!

↓ ↓ ↓

⇒新しい地図(稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾)情報まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!