流行語大賞2017のノミネートやトップ10、大賞候補を大胆予想!「このハゲー」「35億」が有力?


ハイサイ♪

今年の流行語大賞の発表が近づいてきましたね、

2017年の流行語大賞は12月1日の発表予定で、
ノミネートされる言葉は11月上旬に発表されます。

毎年、流行語大賞は話題になりますが、流行語の選出方法や
どのように選んでいるのかについてはあまり知られていないようです。

今回は2017年の流行語大賞のノミネート候補や
流行語大賞の選出方法などの情報を紹介します!

スポンサーリンク

流行語大賞の概要

一般的は流行語大賞と呼ばれていますが、正式名称は「ユーキャン新語・流行語大賞」です。

候補となる言葉は、「現代用語の基礎知識」の読者アンケートの結果から30語がノミネートされます。

その後に、選考委員会がトップ10と年間大賞を選びます。

ここで、選考委員が誰なのか気になりますね?

流行語大賞の選考委員は誰?

2016年は、これまで選考委員を務めていた鳥越俊太郎氏が都知事選出馬のために
抜けてこの6名でした。

選考委員について変更の情報はでてないので、
2017年の選考委員もこの6名の可能性が高いでしょう。

・姜尚中(作家・熊本県立劇場館長)

・俵万智(歌人)

・室井滋(女優・エッセイスト)

・やくみつる(漫画家)

・箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)

・清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)

スポンサーリンク



流行語大賞 2017のノミネート候補を予想!


管理人の独自の調査でノミネート候補30語を予想してみました!

2017年は政治が大きく動いた年なので、
政治関連の言葉が多くノミネートされそうですね。

この中からどれだけノミネートされるか非常に楽しみです。

1.インスタ映え

2.けもフレ

3.35億(ブルゾンちえみ)

4.空前絶後(サンシャイン池崎)

5.忖度

6.ニンゴジラ

7.うんこ漢字ドリル

8.海の王子(眞子さまの婚約者小室圭さんから)

9.モンテッソーリ教育(将棋の藤井聡太四段)

10.このハゲー!(豊田真由子元議員の発言)

11.男女の一線(不倫疑惑の今井議員の発言)

12.二重国籍(蓮舫議員)

13.離党ドミノ(民進党議員の離党問題)

14.排除(小池都知事の発言)

15.新しい地図(元SMAPの3人)

16.モリカケ問題(森友学園・加計学園問題)

17.メルカリ

18.にゃんこスター

19.ハンドスピナー

20.小池劇場

21.アムロス

22.プレミアムフライデー

23.意見交換会(眞子さま婚約報道で)

24.印象操作(安倍総理が野党から追求に対しての発言)

25.偏向報道

26.レゴランド

27.シャンシャン(上野動物園の赤ちゃんパンダ)

28.熱盛(報道ステーションで野球が盛り上るシーンで使われる)

29.国難

30.清宮フィーバー

*ノミネート30語の発表は11月上旬を予定しています。
発表がありましたら、こちらで追記いたします!

一般の人も投票できる!

2017年の「現代用語の基礎知識」が創刊70周年を迎える記念として、
一般手の人からの投票も受け付けていて、集計の結果から「読者賞」が決まります。

ノミネートされる30語からあなたの好きな言葉を3つまで選ぶことができます。
応募者には抽選で70名に図書カード10,000円がプレゼントされる素敵な企画です。

専用の投票ハガキは

『現代用語の基礎知識2018』(11月9日発売)の挟み込み、
または全国主要書店店頭で配布しています。

応募期間は11月9日から11月24日となっているので、ぜひ投票してみてください♪

「現代用語の基礎知識」は楽天でも購入できるので、
お近くに書店のない方はぜひチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

⇒楽天で「現代用語の基礎知識2018」を見る

歴代の流行語大賞一覧!

歴代の流行語大賞をまとめました!

政治的ものやスポーツ、ドラマのセリフなどが多いですね。

鳩山由紀夫氏は1995年、2009になんと2回受賞しています。

個人的には、ドラマ「家なき子」の安達由美さんのセリフだった
「同情するならカネをくれ」(1994年)が印象に残っています。

2015年、2016年とプロ野球から大賞が出ているので、
2017年のもそうなるのか?それともお笑いやドラマが選出されるのか?

非常に楽しみですね!

1984年から32年分を紹介しているので、
ゆっくり読んでくださいね。

・2016年
「神ってる」(広島カープ緒方監督、鈴木誠也外野手)

・2015年
「爆買い」羅怡文(ラオックス代表取締役社長)

「トリプルスリー」(ソフトバンク柳田選手、ヤクルト山田選手)

・2014年
「集団的自衛権」

「ダメよ~ダメダメ」(日本エレキテル連合)

・2013年
「今でしょ!」(林修)

「お・も・て・な・し」(滝川クリステル)

「じぇじぇじぇ」(宮藤官九郎、能年玲奈 NHK「あまちゃん」)

「倍返し」(堺雅人、TBS『半沢直樹』チーム )

・2012年
「ワイルドだろぉ」(スギちゃん)

・2011年
「なでしこジャパン」

・2010年
「ゲゲゲの~」(武良布枝「ゲゲゲの女房」)

・2009年
「政権交代」(鳩山由紀夫)

・2008年
「グ~!」(エド・はるみ)

「アラフォー」(天海祐希)

・2007年
「どげんかせんといかん」(東国原英生宮崎県知事)

「ハニカミ王子」(ゴルフ石川遼選手)

・2006年
「イナバウアー」(スケート荒川静香)

「品格」(数学者:藤原正彦)

・2005年
「小泉劇場」(武部勤 自民党幹事長)

「想定内(外)」(堀江貴文)

・2004年
「チョー気持ちいい」(北島康介選手)

・2003年

「毒まんじゅう」(野中広務 元衆議院議員)

「なんでだろ~」(テツandトモ)

「マニフェスト」(北川正恭早稲田大学教授)

・2002年
「タマちゃん」(フジテレビ:佐々木裕司、黒住祐子)

「W杯(中津江村)」(坂本休 中津江村村長)

・2001年
「小泉語録」(小泉純一朗 内閣総理大臣)

・2000年
「おっはー」(慎吾ママ)

「IT革命」(木下斉 商店街ネットワーク社長)

・1999年
「ブッチホン」(小渕恵三 内閣総理大臣)

「リベンジ」(松坂大輔投手 西武ライオンズ)

「雑草魂」(上原浩治 読売ジャイアンツ)

・1998年
「ハマの大魔神」(佐々木主浩 横浜ベイスターズ)

「凡人・軍人・変人」(田中真紀子 衆議院議員)

「だっちゅーの」(パイレーツ)

・1997年
「失楽園」(渡辺淳一、黒木瞳 )

・1996年
「自分で自分をほめたい」(マラソン 有森裕子選手)

「友愛 / 排除の論理」(鳩山由紀夫 民主党代表)

「メークドラマ」(長嶋茂雄 読売ジャイアンツ監督)

・1995年

「無党派」(青島幸男 東京都知事)

「NOMO」(野茂英雄投手 ロサンゼルス・ドジャース)

「がんばろうKOBE」(仰木彬 オリックス・ブルーウェーブ監督)

・1994年
「すったもんだがありました」(宮沢りえ)

「イチロー」(イチロー選手 オリックス・ブルーウェーブ)

「同情するならカネをくれ」(安達祐実 )

・1993年
「Jリーグ」(川淵三郎 )

・1992年
「うれしいような、かなしいような」「はだかのおつきあい」
(きんさんぎんさん)

・1991年
「…じゃあ?りませんか」(チャーリー浜 )

*1990年以前は新語と流行語がそれぞれ選ばれていました。

スポンサーリンク



・1990年

新語:「ファジィ」(三上遵太郎 松下電器産業電化研究所所長)

流行語:「ちびまる子ちゃん(現象)」
(トーマス・リード 「ワシントン・ポスト」東京支局記者)

・1989年

新語:「セクシャルハラスメント」(河本和子弁護士)

流行語:「オバタリアン」(堀田かつひこ、土井たか子)

・1988年

新語:「ペレストロイカ」( ソロビエフ・ニコラエビッチ駐日ソビエト連邦特命全権大使)

流行語:「今宵はここまでに(いたしとうござりまする)」(若尾文子)

・1987年

新語:「マルサ」(伊丹十三、宮本信子)

流行語:「懲りない○○」(安部譲二 小説家)

・1986年

新語:「究極」(雁屋哲 漫画原作者)

流行語:「新人類」(清原和博、工藤公康、渡辺久信 西武ライオンズ)

・1985年

新語:「分衆」(近藤道生 博報堂生活総合研究所社長)

流行語:「イッキ!イッキ!」(慶應義塾大学体育会)

・1984年

新語:「オシンドローム」( ジェーン・コンドン「タイム」フリー記者)

流行語:「まるきん まるび」(渡辺和博 イラストレーター)

流行語大賞の受賞者に賞金はあるの?

流行語大賞の受賞者に賞金はあるのか気になって調べてみたのですが、
賞金は1円もなく、記念品が贈られるそうです。

下の動画は2015年の授賞式の様子ですが、
各受賞者は時計のようなものを受け取っています。

お金はもらえませんが、世間の注目を集めることはできるので、
受賞はよい宣伝になるのではないでしょうか?

流行語大賞や年間トップテンに選ばれると消える?

しかし、これまで年間大賞やトップテンを受賞したお笑い芸人は、
なぜか一発屋になる人が多いです。

・テツandトモ(2003年年間大賞)

・波田陽区(2004年年間トップテン)

・レイザーラモンHG(2005年年間トップテン)

・エド・はるみ(2008年年間大賞)

・楽しんご(2011年年間トップテン)

・スギちゃん(2012年年間大賞)

・日本エレキテル連合(2014年年間大賞)

・とにかく明るい安村(2015年トップテン)

2017年はブルゾンちえみさんの「35億」やサンシャイン池崎さんの「空前絶後」が
大賞やトップテン入りの可能性がありますが、一発屋で終わらないことを祈りたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は流行語大賞2017のノミネート候補や流行語大賞の選出方法などの情報を紹介しました。

2017年は「読者賞」を設けているので、一段と盛り上りそうですね!

果たして年間大賞は誰になるのでしょうか?

個人的には、政治関係のことばは「このハゲー!」などネガティブなものが多かったので、
ブルゾンちえみさんやサンシャイン池崎さんなどお笑いから選ばれて欲しいと思います。

流行語大賞2017について、新しい情報がまた入り次第お知らせします!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!