若狭勝【落選確実】衆院選に負けた理由や今後の活動は?

ハイサイ♪

衆院選の速報が次々とでていますね。

小池百合子知事が代表を務める希望の党は、東京10区では
小池氏の側近で前職の若狭勝氏(60)の敗退が確実となりました。

東京10区は、もともとは小池氏の地盤であっただけに、
希望の党は国民は支持を集めることができなかったようです。

今回は落選確実となった若狭勝氏が負けた理由と今後について情報をまとめました。

スポンサーリンク

若狭勝が選挙に負けた理由

東京10区は小池氏の地盤ということもあり、
自民党は東京10区に閣僚や党幹部を次々と送り込んでいました。

自民党を裏切った小池氏や若狭氏に対して相当恨みがあったのでしょう。

「当選したいがために看板を変える人を信用できるか」

安倍晋三首相は18日、東京10区の中心街のJR池袋駅前で、
若狭氏や希望に流れた民進党出身者を批判。

公示日には小泉進次郎氏が入り、自民前職鈴木隼人氏を
応援するなど自民党の「総攻撃」をうけました。

これに続いて小池氏の発言で希望の党の支持率は失速。

敗因は若狭氏というよりは希望の党に対する支持率の低下が、
一番大きいと考えられます。

スポンサーリンク



若狭勝、比例復活ならず落選確定

東京10区での落選し、比例での復活をまっていましたが、
比例東京ブロックで復活できず、落選が確実となりました。

若狭氏が主宰する政治塾「輝照塾」からも、
多くの塾生が希望の党から立候補していました。

希望の党の「顔」だっただけに、若狭勝氏の落選は
希望の党にはかなり厳しい結果となりました。

落選した若狭勝氏の今後

若狭勝氏の今後については、国会議員としての
地位を失ってしまったので、どうなるのかわかりませんが、

何らかの形で希望の党の運営に関わるのではないでしょうか?

前職は弁護士なので、政治に関わらない場合は
弁護士として活動するかもしれません。

元東京地検特捜部検事の立場から、本も数冊出していので、
執筆活動を行う可能性もあるでしょう。

タイトルも「嘘の見抜き方」など気になるものがあるので、
興味のある方はぜひ、覗いてみてくださいね!
↓ ↓ ↓
⇒若狭勝氏の本を楽天で見る

若狭勝氏の今後の活動については、
新しい情報が入り次第追記しいたと思います。

まとめ

希望の党は他の選挙区でも苦戦しているようですね。
希望の党がどれだけ議席を確保できるのか注目です。

現時点では野党第一党を立憲民主党と争っています。
若狭勝氏の敗因には立憲民主党の躍進も、大きな影響があったようです。

選挙結果や候補者の今後について随時更新していきたいと思います。

スポンサーリンク



希望の党の最新情報はこちらページをご覧下さい!

         ↓ ↓ ↓

⇒希望の党・小池百合子情報はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!