立憲民主党へ献金はなぜ急増したのか?知らないで済まない献金のルール【必読】

ハイサイ♪

立憲民主党の献金が増えていることが話題になっていますね。

献金と寄付って何が違うの?と疑問に思った人もいると思いますが、
法律上は寄付金として同じ扱いなので、ほぼ同じと考えて問題ありません。

今回は立憲民主党の献金が急増した理由や、
厳しい献金のルールについてご紹介します!

スポンサーリンク

立憲民主党の献金が急増したワケ

立憲民主党の献金方法ですが、立憲民主党への献金はまだ受け入れ体制が整ってないようで、
公式HPで献金できるようにフォーマットを作成しているようです。

今回、献金が増えた理由については、勢いのある立憲民主党への期待感や

ボランティアとして選挙を手伝いたいが、地元の選挙区では
立憲民主党の立候補者がないため献金で支援したいという理由もあるようです。

スポンサーリンク



献金のルールを知ろう!

政治献金は、自由にできるわけではなく、
金額や献金できる方法が法律でルールが定められています。

しっかり理解しておきましょう。

法律に違反してしまうと逮捕されたり、議員辞職につながったりと
重いペナルティが課せられます。

献金には個人献金と企業献金があり、それぞれルールが違うので
わかりやすくまとめました!

個人献金の場合

個人で数千万も献金できる人は、多くないと思いますが、
上限をしっかり確認しておきましょう。

・政党(2000万円まで)

・政治資金団体(2000万円まで)

・資金管理団体(合計1000万円まで、一団体150万円が上限)

後援会等の政治団体(合計1000万円まで、一団体150万円が上限)

企業(法人)献金

企業献金は、癒着につながりやすいとの観点から個人献金よりもルール厳しくなっています。
国から補助金を受けてたり、3年赤字が続いている企業は献金に制限があります。

・政党と政治資金管理団体のみ可。

・金額は企業の規模による(750万円~1億円)

えっ、政治家個人へ献金できないの?

自分の支持する政治家個人へ献金したいと考えた方もいるのではないでしょうか?

しかし、政治家個人への献金は政治資金規制法で禁止されています。

ただし、政治家が指定する資金管理団体や後援会を通じて行うことは可能です。

直接はだめだけど、間接的にはOKな理由はよくわかりませんが、
政治団体は支出報告の義務があるため、間接的には認めているのでしょう。

個人献金は税額控除の対象!?

法律で定められている政党や政治資金団体への
個人献金は税額控除の対象となっています。

つまり献金した額の分だけ支払う税金が少なくなるというわけです。

献金に近いもので、政治資金パーティーのパーティー券の購入や
後援会の会費がありますが、

政治資金パーティーのパーティー券や後援会の会費は
控除の対象にならないので、ご注意を。

無所属で出馬の民進党出身議員にも

個人献金の問い合わせは、立憲民主党の議員だけでなく、
希望の党の公認を申請せずに無所属で出馬する議員にも増えているようです。

献金が増えた理由についてはっきりしたことは、
わかりませんが、失速してしまった希望の党よりも

無所属で立憲民主党寄りの無所属議員の支持者が
増えたためではないでしょうか?

政治理念を変えず、希望の党ではなく
無所属で出馬したことで支持者が増えたようです。

まとめ

以上、今回は立憲民主党の政治献金について情報をまとめました。

政治献金は、政治家個人への献金はできない、金額の上限があるなど
法律で厳しいルールがあることがわかりました。

献金をする場合は、正しいルールを確認のうえおこないましょう。

立憲民主党の政治献金については、新しい情報が入り次第また追記したいと思います!

スポンサーリンク



■次によみたい記事はこちら!↓↓

立憲民主党 政策・候補者情報まとめ
このページは、立憲民主党の政策や候補者の情報を 分かりやすく紹介した記事をまとめたページです。 このブログでは中立的な立場か...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする