吉田晴美【立憲民主党 東京8区】の経歴や政策をわかりやすく紹介!

ハイサイ♪

今回は立憲民主党の公認候補者で東京8区から出馬する
吉田晴美氏についての情報を紹介したいと思います。

この選挙区は自民党の大物議員が出馬する選挙区なので、
どのような選挙になるのか注目です。

スポンサーリンク

吉田晴美氏の凄すぎる経歴

吉田晴美氏の経歴ですが、かなりすごい経歴です。

昭和47生まれなので、現在は45歳です。
衆院選の出馬は今回が初めてとなります。

立教大学文学部の偏差値は60を超えるので、
かなり優秀であることは間違いなさそうです。

立教大学文学部を卒業後にMBAを取得しています。

MBAを取得したバーミンガム大学大学院はビジネススクールとして、
超名門で、イギリスでは1位、世界でも7位となっています。

その後は海外での証券会社に勤務して、
病気を克服したことがきっかけで政治家を志したようです。

小川敏夫法務大臣の政務秘書官をへて
2013年の参議院選挙に出馬。

ここでは惜しくも落選してしまいましたが、
今回の衆院選は民主党の公認候補者として出馬します。

昭和47年1月1日生まれ。山形県出身。阿佐谷北在住。

実家は祖父の代から八百屋、八百屋の元気娘として育つ。立教大学文学部卒業。英国立バーミンガム大学大学院卒業、経営学修士(MBA)。

15年間、東京、シンガポール、ロンドンの投資会社、証券会社に勤務。日本の中小企業の発展に注力。第89代法務大臣 小川敏夫の政務秘書官を務める。11年前に甲状腺がんを克服、その経験がきっかけで社会の役に立ちたいと決意し、政治を志す。

吉田はるみ公式HPより引用

スポンサーリンク



吉田晴美の政策をわかりやすく!

吉田晴美氏は4つの政策を掲げています。


注目は教育・子育てですね。

子育てされていることから、待機児童ゼロや
保育士の待遇改善を訴えています。

また小学生1年生から、成績をつけない英語教育の導入を目指しています。
海外での経験から得た発想でしょうか。

ここで他の候補者と差別化をはかっているようです。

1.教育・子育て重視で人への投資に

2.一人一人が実感できる景気回復に

3.原発ゼロでクリーンエネルギーに

4.多様性を尊重する社会に


↑6:17あたりから吉田晴美氏が語っています。

吉田晴美の家族は?

吉田晴美氏の家族は夫と娘と犬だそうです。
プロフィールの家族にペットを入れる候補は見たことがありません。

政策にも動物愛護(殺処分ゼロ)推進掲げているだけあって、
かなり動物が好きなようです。

愛犬の名前は龍之介だそうです。
人間のような名前ですね。

小池百合子を批判?

当初は民進党から公認をうけて出馬することが約束されていたようです。

しかし、民進党が希望の党への合流をすることになってしまい、、
希望の党で公認を受けるか無所属での出馬をせまれてしまいます。

希望の党の小池都知事は

「全ての民進党議員は受けいれない、排除される人も出てくる」

と発言。

吉田晴美氏はこの発言は安倍首相と変わらないと批判し、立憲民主党に合流しました。

東京8区は厳しい戦いに!

吉田晴美氏の政策は学生や子育て世代など若い世代からの支持を集めそうです。

ただし、東京8区は自民党の石原伸晃氏が出馬する選挙区です。
この選挙区は旧東京4区から含めて9回の当選を果たしています。

厳しい選挙になるのは間違いないでしょう。

吉田晴美氏や他の候補者について
新しい情報が入り次第またご紹介します!

スポンサーリンク



■次によみたい記事はこちらをクリック!↓↓

立憲民主党 政策・候補者情報まとめ
このページは、立憲民主党の政策や候補者の情報を 分かりやすく紹介した記事をまとめたページです。 このブログでは中立的な立場か...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする