希望の党が政権とったら北朝鮮問題はどうなる?「リアルな安全保障」の内容とは?

ハイサイ♪

10月の衆院選で一番の注目は小池都知事が立ち上げた希望の党です。

北朝鮮問題が落ち着かないなかでの、
衆議院解散に不安の方も多いと思います。

今回の選挙で台風の目である希望の党が政権をとった場合、
北朝鮮問題はどうなるのでしょうか?

希望の党の安全保障の考え方について調べてみました。

スポンサーリンク

希望の党が政権をとった場合北朝鮮問題はどうなる?

民進党と事実上の合流という形になりましたが、
憲法改正や安全保障については民進党と考え方が違うようです。

小池都知事は憲法改正や安全保障についても与党の反対という立場ではなく、
修正が必要だと述べています。

仮に、政権をとった場合も安倍政権と大きくかわることはないようです。

・小池都知事の発言

同党参加の条件について「基本的には憲法(改正)への対応。それは安全保障にも関わる」

「リアルな安全保障が必要。北朝鮮の危機が迫る中でどうするのか。
同じ方向性を持っていないと、党としての対応が揺れてはまずい」

スポンサーリンク



希望の党の安全保障の考え方

小池都知事のいう「リアルな安全保障」とは何なのでしょうか?

これは小池都知事が希望の党の“入党の条件”として発言したものなのですが、
具体的な内容は明らかにされていません。

これについては、分かり次第紹介したいと思いますが、
民進党の旧社会党系の人とは考え方が正反対とのことです。

選挙までには具体的な考え方を明らかにして欲しいですね。

希望の党が政権をとった場合の北朝鮮問題

希望の党の代表を務める小池都知事は過去に防衛大臣を務めています。
しかし期間はわずか1ヶ月半なので、防衛についてどこまで詳しいのか疑問です。

また、今回希望の党のメンバーには他に防衛大臣を務めた人物はいないので、
国民の中には北朝鮮問題に対して不安視する声が強いです。

民間人から大臣を起用するという考え方もありますが、
民間人といっても自衛隊出身者、防衛官僚経験者になるでしょう。

北朝鮮問題に対してどう対応しようと考えているのか、
今後注目していきたいですね。

希望の党に関するツイート

希望の党に関するツイートをまとめました。
北朝鮮問題について不安視する声が多いようです。


↑このタイミングでの解散はあまり納得できるものではないですね。

まとめ

現在、北朝鮮がいつミサイルを発射してもおかしくない状況ですし、
北朝鮮問題が選挙の争点の一つになることは間違いないでしょう。

実際に日本の上空を飛んでいますし、あの恐怖を味わった人々は、
北朝鮮問題の対応力を投票の基準にしていると思います。

希望の党について詳しい情報が入り次第また、お知らせいたします。

スポンサーリンク



■次に読みたい記事はこちら!↓↓

小池百合子・希望の党【特集】
このページでは、衆議院選挙で台風の目となっている。 希望の党や小池百合子氏の情報をまとめています! 政権交代は起きる...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする