飲み放題禁止 厚労省が検討!?飲み会の幹事はどうする?


「飲み放題禁止」が話題になっていますね。厚労省から飲酒を規制する声が上がっているらしく、ツイッターではこれについて様々な意見がでていました。規制の内容は時期について情報をまとめてみました。

飲み放題禁止 厚労省の考え

国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進する目的で、4月1日厚労省に「アルコール健康障害対策推進室」という部署が新設されました。

アルコール規制の世界的な流れにあわせて、「酒の安売り禁止」「飲食店での飲み放題禁止」「酒類の広告規制」などを検討しているそうです。

飲み放題禁止  賛成派の意見

やっぱりね、吐いてしまうとか、具合悪くなるって時点で、毒やゴミを摂取してるのと変わらなくなっちゃうんだね……。 「おいしい」の範囲内で留めないと、いいことが一つもないね(´・ω・`) そして、飲み放題禁止になると、アルハラが軽減されるから困ってた人には朗報かもしれない。

まあ飲み放題禁止なら賛成でいいかな 酒の飲まないと損する気になるのに、食べたいご飯が酒のせいで食べにくくなるし、それはそれでいいと思う( ´∀`)

飲み放題禁止は個人的には賛成(酒弱くて元取れない奴並感)

飲み放題禁止  反対派の意見

タバコは副流煙に害があるから仕方ないと思うが、飲酒の害って二次的なものなのに何の論拠で規制するのか。タバコは煙を出さなければ問題ない。酒も問題行動がなければいい。

厚労省は分かってない。 大量に飲むために飲み放題にするわけじゃなくて、幹事が予算で苦労しないために飲み放題プランを選択するんだよね。 飲み放題禁止にしたところで飲むヤツは飲む。

飲み放題禁止案出てるけど、飲み放題はそもそも「酒をいくら飲んでもいいから飲まなきゃ損損!」じゃなくて「酒を気兼ねなく全員自分のペースで飲めるようにしよう」「価格を整えて会計をしやすくしよう」ってシステムなことに気づいてる人が少なすぎる。

海外でのアルコール事情

日本は世界的に見ても、お酒はどこでも自由に飲める国です。それでは海外のアルコール事情を見てみましょう。

アメリカ

日本では20歳を超えてからお酒を飲めますが、アメリカでは州によりますが、21歳以上から購入・飲酒が可能となります。原則として公共の場での飲酒は認めれていません(州によっては特別に飲酒エリアが認められている場合がある)罰せられる可能性があります。

日本の花見やキャンプ場など屋外での飲酒はできません。

イスラム圏の国々

イスラム教の国々ではアルコールを飲むことは基本的に認められていません。ただし、観光客向けレストランなどでは認められています。イスラム圏の国でも特に厳しいのがサウジアラビアとアラブ首長国連邦です。外国人には例外的に認められていますが、購入・所持についてはパスポートの提示が必要です。

まとめ

健康的な考えから言えお酒の飲みすぎは良くありませんが、飲食店の「飲み放題」がなくなると無理やり職場の幹事をさせられる人は苦労するでしょう。

「飲み放題」をなくすのではなく、別の方法でアルコールを規制して欲しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする