NASA 重大発表 2017 4月14日 地球外生命を発見か?

「NASA 重大発表」のキーワードがトレンドになったので調べてみました。本当に地球外生命は発見できたのでしょうか?

NASA 重大発表2017年4月14日

NASAは土星の衛星の地下にある海から噴き出す水に生物などの栄養素となる水素が多く含まれていたと発表。

NASAは「地球外生命体のいる可能性がさらに高まった」としています。

土星の衛星「エンケラドス」には地下に液体の海があり、有機物を含んだ海水が宇宙に噴き出していることがこれまでの調査で分かっていました。

NASAの土星探査機がこの噴き出した海水を調べたところ、水素が多く含まれていることが新たに分かったという。

水素が多く含まれることなどから、この海底では熱水活動があるとみられています。

エンケラドス

土星最大の衛星タイタンの約10分の1の大きさ。地表は雪のような細かい氷の粒で覆われていると考えられ、氷の内部には液体の水もあると推測されています。

表面を覆う厚い氷の下には広大な海があるとみられていて、地球の深海底から熱水が噴き出す場所の近くは、太陽の光が全く届かなくても、熱水中の物質からエネルギーを得る微生物が生態系を作っている。

1789年に天文学者ウィリアム・ハーシェルによって発見。その後、1847年にギリシア神話のギガース族の1人エンケラドスにちなみ、息子のジョン・ハーシェルが命名・発表。

ネット上のコメント

土星まで行こうとすると7年は掛かるみたいなので、今、無人機がその衛星にいて調査した結果を持ち帰るのは2024年位かな?

NASA重大発表って
絶対、大したことないんだよな・・

いたらいたで大発見だけど、つまり人類が生物引き連れて移住可能ってわけだね。

毎度こんな発表だな。
宇宙人捕まえたら発表してくれ。

可能性の話しは多いけどなかなか地球外生物出てこないね

例え地球外生命体を見つけても、決して地球には持ち帰らないで欲しいね。

地球外生物がいたとしてリアルテラフォーマーズになったら相当怖いな

まとめ

今回の発表は地球外生命体の発見ではなかったのは残念ですが、より可能性が高まったということでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする