オウム病 妊婦死亡。原因、症状、対策は?

「オウム病」で妊婦が死亡したニュースが入ってきましたので、オウム病の対策症状などについてまとめました。

オウム病 妊婦死亡のニュース

今回感染が確認された女性は、妊娠24週に発熱のため入院。意識障害などがみられ、その後死亡しました。

オウム病は高齢者などで数年に一度、死亡例が報告されますが、妊婦の死亡例は初めてとみられています

妊婦の感染症を研究する研究班が女性の死後、体内からオウム病の原因となる細菌を検出し、厚労省に報告。

海外ではオウム病による高齢者や妊婦の死亡例が報告されているが、国内ではこれまで報告ありませんでした。

厚労省は「妊娠中は胎児に影響を与える場合もあるので、ペットなど動物との密接な接触は控えてほしい」と呼びかけています。

オウム病

クラミジアの一種である、オウム病クラミジアの感染によって生ずる人獣共通感染症。クラミジア病と呼ばれることもあり、かつてミヤガワネラ病と呼ばれていました。感染症法における四類感染症。

オウム病は人と動物が感染する人獣共通感染症の一つ。「クラミジア・シッタシ」という細菌に感染した鳥のふんなどを吸い込むことで人に感染する。

オウム病の症状

1~2週間の潜伏期間の後、急な発熱や頭痛、せきなど風邪やインフルエンザに似た症状が出て、気管支炎や肺炎を発症。重症化して死亡することもあります。

鳥類では一般に無症状であるが、発症すると元気消失、食欲不振、緑色便を呈し、ときに斃死する。病理学的には肝臓や脾臓の腫大、脆弱、灰白質壊死巣、心外膜や気嚢の肥厚、線維性滲出物の肥厚がみられます。

オウム病 対策

鳥類はオウム病クラミジアの自然宿主であり、ヒトは感染鳥類から排泄物、汚染羽毛、糞便の塵埃の吸入により感染する。名称から誤解されるが、小動物など鳥類以外から感染することもある。

ワクチンがないため、対策としては鳥類との過度に密接な接触を避ける。また、鳥類の飼育ケージの清掃時にはマスクを着用することが望まし

ネット上の声

「予防としては、トリの飼育者に、オウム病の知識を普及させることが重要である。過度な濃厚接触を避け、トリが弱ったときや排菌が疑われる場合には、獣医の診察を受けたり、テトラサイクリン入りの餌を1週間程度与えたりする。」正確な知識をもって飼わないとね。

ずいぶん前に、オウム病が取り上げられたときに、自宅で飼っているインコなどを放した連中がいたけれど、ほんとに、どうしようもないよね。

本当に鳥が大好きだから「え?オウム病って大丈夫かな?私の飼ってるインコいらない」みたいな人が出ないでほしい。

ボツリヌス菌とかオウム病とか恐い|’=’|

掃除する際は使い捨てマスク、手袋等をしましょう。妊婦さんに限らず、お子さんや老人の方々もです。予防してても掃除し終わったら手洗いうがいもしておきましょう(・Д・)ノ

まとめ

鳥類に限らずペットを飼育している家は、衛生面について十分管理する必要がありますね。妊婦や子供、お年寄りのいる家庭は十分は注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする