大阪市営地下鉄 民営化可決 名称、運賃はどうなる?

大阪市営地下鉄 民営化の速報が入りました。

大阪市営地下鉄の民営化に必要な関連条例が28日、大阪市議会の本会議で大阪維新の会、自民、公明両党などの賛成多数により可決、成立しました。

自治体が運営する公営地下鉄が民営化されるのは全国初。

東京メトロに次ぐ営業距離の地下鉄新会社が2018年4月に誕生します。

新会社は「大阪地下鉄株式会社(仮称)」。当初は市が株を100%保有する。

市は将来的に株式上場が可能な企業体を目指すとしているが、吉村洋文市長は自民市議団の要望を受け「任期中は上場しない」と明言しています

大阪市営地下鉄


大阪市交通局が運営する地下鉄。都市計画学者の關一第7代大阪市長が大阪市高速度交通機関計画を策定し、日本初の公営地下鉄として、1933年に御堂筋線の梅田 – 心斎橋間が開業したのが始まりです。

公営地下鉄としては日本最大で、民営・第三セクターを含めても東京地下鉄(東京メトロ)に次ぐ規模です。

駅ナカの売店 ローソンに


大阪市営地下鉄千日前線「谷町九丁目駅」にローソンがオープンしました。

1日240万人が利用する大阪市営地下鉄では、2012年に売店の事業者を民間から公募。これまでファミリーマートとポプラが運営してきましたが、契約終了に伴う入札でローソンが選ばれました。

駅ナカの売店は確実に顧客の利用が見込め、一気に店舗拡大できるとあって、コンビニ業界では熾烈な争いとなっています。

ローソンの契約は7年。テナント料だけで32億円にのぼるということで、8月までに全店舗が順次入れ替わります。

ネットの反応

大阪市営地下鉄が民営化されたら、社名を大阪メトロにして略称を大トロにしたい

運賃が大手私鉄レベルになってくれれば

あのとき胸一杯に大阪市営地下鉄駅構内の独特の匂いのする空気を吸い込んだのが、その後の人生をも変えたか

大阪市営地下鉄、来年4月に「大阪メトロ」に…。公共性や安全性よりも採算性を重視する方針がいっそう強くなりそうで、ホームドアの(特に御堂筋線)設置がさらに遅れるばかりか、今里筋線などの電車の運転本数の削減が懸念される。

東京メトロみたいのができるのか。

大阪市地下鉄民営化可決。吉村市長の大偉業。議会と粘り強く協議して、さらに国との交渉で交付税継続も獲得。これは凄過ぎる。

民営化決まっちゃったか 親父が勤めとったんやけど、どうなるやろ 大阪市営地下鉄が公営初の民営化、18年4月 市議会が可決 nikkei.com/article/DGXLAS…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする