アセトアルデヒド お酒が弱い女性は骨が折れやすくなる!?予防法は?


「アセトアルデヒド」というワードが急上昇していたので調べてみました!

お酒が弱い女性は、年を取ると骨が折れやすくなることが、慶応大などの研究チームの調査でわかったそうです。

アルコールの分解にかかわる遺伝子の働きが弱いと骨がもろくなる可能性があるという。27日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」で発表した。

中高年の女性で大腿(だいたい)骨骨折した92人と骨折していない48人の遺伝子を調べて比較した結果、骨折した人の中で、この遺伝子の働きが弱い人は58%だったが、骨折していない人では35%だった。

年齢などの影響を除いて比べると、遺伝子の働きが弱い人の骨折リスクは、ない人の2・3倍高かったそうです。

動物を使った実験では骨を作る骨芽細胞にアセトアルデヒドを加えると働きが弱まったが、ビタミンEを補うと機能が回復したそうです。

アセトアルデヒドとは?

アセトアルデヒド (acetaldehyde) は、アルデヒドの一種で、示性式は CH3CHO。IUPAC命名法では エタナール (ethanal) ともいい、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどと呼ばれています。

人体ではエタノールの酸化によって生成し、一般に二日酔いの原因だと見なされています。産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われています。

ネット上の反応

アセトアルデヒドは食道がん・頭頸部がん・肺がんなどのリスクでもあるが、これらもビタミンEで防げる ?‥食道がん、頭頸部がんのリスクを知ってください medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cance…

「ALDH2の機能喪失により、アセトアルデヒドが蓄積されると骨を生成する骨芽細胞の機能不全が生じます。一方で、機能不全をおこした骨芽細胞にビタミンEを添加することにより、機能不全を回避できる」 >弱い人はお酒飲まない方がいいね!

ん?アセトアルデヒドが骨弱くするんやったら、そもそも全く飲まへんかったらええんと違う?

逆にお酒が強ければ他のいろいろな病気になるリスクが高くなる。

これって、本当なのかな疑問…。
酒飲みは、他の病気に掛かるリスクが高いと思うけど…。

お酒を飲んですぐ赤くなる人は、食道がんになりやすい。すぐ赤くなる人は酵素が足りない。アルコールは酵素によって体内で無毒に分解される。酵素が足らない人は、毒素(アセトアルデヒド)が体内にたまっていくのでがんになりやすい。

まとめ

アセトアルデヒドで骨がもろくなるという研究結果については賛否両論ありますが、予防法としてはアルコールを取り過ぎないにつきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする