厩戸王 聖徳太子どっちが正しい!?学校現場では生徒が混乱!?


「厩戸王」「聖徳太子」結局どっちが正しいの?「聖徳太子」で覚えた私の意見からすると今から「厩戸王」って言われても「聖徳太子」のことだと分かりませんでした。

今回は学校現場で混乱を招く恐れがあるとして文部科学省は、2月に公表した中学校の次期学習指導要領改定案を現行の表記に戻す方向で最終調整しているそうです。

現行指導要領では小中学校とも「聖徳太子」を授業で扱うと例示したが、今回の改定案では、人物に親しむ小学校で「聖徳太子(厩戸王)」、史実を学ぶ中学で「厩戸王(聖徳太子)」に変更。

文科省は、歴史学では「厩戸王」が一般的で、「聖徳太子」は没後の呼称だが、伝記などで触れる機会が多いとしている。

文科省は改定案公表後にパブリックコメント(意見公募)を実施。呼称の変更に批判的な意見が多かったほか、教員からも「小中で呼称が異なれば子供たちが混乱する」「指導の継続性が損なわれる」といった意見が出ていました。

改定案で消えた江戸幕府の対外政策である「鎖国」も復活させる方向。修正した次期指導要領は月内に告示される見通し。

そもそも、なぜ呼称が2つあるのか?人々の意見も紹介します。

厩戸王(うまやどのおう

飛鳥時代の皇族・政治家。「聖徳太子」は後世の諡号。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。

聖徳太子は死後につけられた称号で、近年の研究では厩戸王に当たる可能性が高いとされていました。

ネット上の意見

聖徳太子ってさあ、「厩戸王」とか言うけど、これイエスと同じじゃね?みたいな。「馬小屋」だから。と思ったら「馬小屋じゃない説」があるけどw

当たり前やわー現場の先生達も困ると仰ってたし、戻りそうでよかった

聖徳太子も厩戸王も同じだろ覚えろそれくらい

聖徳太子の話題で、『厩戸で生まれたから厩戸王というのは、キリストと関係あるの?』みたいなツイート多いけど、中で生まれたんじゃなく厩戸の前で産気づいたんじゃなかったっけ?

小中「聖徳太子」表記にしても高校では「厩戸王」で習うからなぁ

聖徳太子のこと厩戸王とか言われても、初めて聞いた時は戸惑ったし今更覚え直すの面倒。やっぱり太子が一番愛着ある。

厩戸王も覚えたらいいとは思うけど、聖徳太子を無くすのは違うよな。 江戸幕府の対外政策も、鎖国っていうほうがわかりやすいもんな。 何故訳のわからん改定をしようとしていたのか(笑)

まとめ

「聖徳太子」は覚えやすいし、漢字も簡単ですが「厩戸王」は読み方や漢字も少し難しいので、本当に変わってしまったらテストの時は先生も生徒も大変ですね。

とりあえず「聖徳太子」で落ち着くので一安心ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする