シング「吹き替え」「字幕」どっちを観るべき!?絶対に失敗しない選び方


映画「シング」の人気すごいですね!この3連休を利用して観る予定の人も多いのでは?

「吹き替え 」と「字幕」両方観ると宣言している人もいれば、どっちにしようか迷っている人も多いですね。そこで「吹き替え 」と「字幕」の情報をまとめてみました。

「吹き替え」と「字幕」映画館で見るならどっち!?

個人的には「吹き替え」と「字幕」両方観た方がいいと思いますが、映画のチケットが高くて、あまりお金をかけられないという方のために判断材料をいくつか用意しました!

こちらの記事も読んでくださいね♪
↓ ↓ ↓
シング 映画の感想をチェック! 「字幕版」と「吹き替え版」観るならどっち!?

「字幕」がオススメな人

「字幕」がオススメな人を3つのタイプに分けてみました。ただ、字幕版は夜しか上映していない映画館もあるので、上映時間はしっかり確認してくださいね。

昔から洋楽が好きで詳しい人

映画の中では85曲使用されていますが、洋楽好きにはたまらない曲ばかりです。「吹き替え」だと日本語の歌詞で歌われているので、洋楽好きにとっては違和感があると思います。
実際、両方観た方の感想でも「字幕」を薦めるコメントがありました。
主題歌は”Faith” スティーヴィー・ワンダー feat.アリアナ・グランデ

混雑が嫌な人

「吹き替え」「字幕」どちらでもいいのでなるべく混雑を避けたい!という方は「字幕」がオススメです。映画館や上映時間でも異なりますが、「吹き替え」に比べると余裕があるそうです。

落ち着いてゆっくり「シング」を楽しみたい人は「字幕」がいいですね。

オリジナル感を楽しみたい人

シングは「吹き替え」の評判もものすごくいいのですが、オリジナル感を楽しみたい人は、字幕版がオススメです!

両方観た人の感想で「吹き替え」と「字幕」でニュアンスが違うシーンがあるとコメントがありました。

<スポンサーリンク>



「吹き替え」がオススメな人

親子で観る人

親子で観る人はどちらか迷うことはないと思いますが、やはり一緒に楽しむなら「吹き替え」ですね。

MISIA、長澤まさみのファン

ミーシャさんの初声優、長澤まさみさんの歌唱シーンなど「吹き替え」ならではの見所も多いので、こっちが気になる人は「吹き替え」がいいと思います。長澤まさみさんはミュージカルにも出演していますが、歌唱力は本物ですね。


声優ファン

声優ファンにとっても「吹き替え」のキャストは豪華です。山寺宏一さん、坂本真綾さん、田中真弓さん、宮野真守さんと人気の声優さんばかりでなので、ここも「吹き替え」の見所です。

坂本真綾さん(主な出演作品:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』)


宮野真守さん(主な出演作品:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』)

こちらの記事も読んでくださいね♪
↓ ↓ ↓
シング 映画の感想をチェック! 「字幕版」と「吹き替え版」観るならどっち!?

「シング」を観た人の感想

それでもまだ決められない人は、実際に映画を観た人の感想を見て決めるといいでしょう。

SING / シング 吹き替え版観了。字幕版観た後に観ちゃダメなやつだった。吹き替え役者さん達はみんな良いんだけどね……5人組アイドルは字幕版と同じに聞こえたがどうなんだろw

『SING シング』吹替版、「洋楽を日本語訳すること自体許せん!」という方もいると思うけど、本編では「歌詞が登場人物の気持ちを表しているときは日本語で、それ以外の重要なところや韻を踏んでいることは英語で」という感じなので、吹替版もぜひ観て欲しい…

シング終わりました! 最後のMISIAやばすぎ!!!!

『SING シング』吹替版のクオリティは本当に拍手するしかないんだけど、チョイ役にまで水樹奈々、田中真弓、柿原徹也、村瀬歩、木村昴といった超豪華キャストでびっくり。メインのほうにも坂本真綾や山寺宏一がいますし、声優ファンもぜひ。

シング吹き替えみた めっちゃよかった 久々に悪くない吹き替えをみたわ 不安だった斎藤さんも悪くなかったよ 田中真弓さんがよすぎてなあ…あの人やっぱすげえよ シング自体めちゃめちゃ面白かったわ

こちらの記事も読んでくださいね♪
↓ ↓ ↓
シング 映画の感想をチェック! 「字幕版」と「吹き替え版」観るならどっち!?

まとめ

いかがでしたか?これでもまだ「吹き替え」、「字幕」 どっちか選べない人はまず「字幕」 を観た方がいいです。

「字幕」のほうが上映回数が少ないですし、迷っているうちに「字幕」の上映が終了する可能性があります。

映画の感想でも両方観るなら「字幕」を観てから「吹き替え」がオススメとありました。「字幕」を楽しめて、余裕があるなら「吹き替え」を観ればいいですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする