ノンスタ井上 謝罪会見 石田は同席なし、復帰は未定。解散の可能性は?


昨年12月に自身が運転する自動車で、タクシーに衝突して逃走したとされる事故で書類送検され(のちに不起訴)、謹慎していたお笑いコンビ「NON STYLE(ノンスタイル)」の井上裕介(37)が7日、東京・新宿区の吉本興業東京総本部で会見した。井上は事故以来初の公の場。

「被害者の方、ファンの方、仕事関係の方々に多大な迷惑をおかけしました」と、40秒近く深々と頭を下げ謝罪した。

当初は本部内の1室を会見場に予定していたが、予想以上の134名の報道陣が集まったため、急きょ中庭に変更して会見を行った。

相方の石田について聞かれると

涙を流し「解散すると言われても仕方ないのに『井上の人生も俺の人生』と言ってくれた。石田君にも本当に迷惑をかけた」と発言。

そして「もう2度と、迷惑をかけてはいけない。何があっても感謝の気持ちを忘れてはいけない」と、石田への感謝の思いを語った。この日、石田の同席はなかったが、会見についても報告しており、「ちゃんと、しゃべってこい」と言われたそうだ。

NON STYLE(ノン・スタイル)

吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本部所属。2000年5月14日に結成。出囃子はKEMURIの『prayer』。

爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。2008年M-1グランプリ王者。

同期はキングコング、ダイアン、山里亮太 (南海キャンディーズ)、村本大輔 (ウーマンラッシュアワー)、中山功太 などがいます。

石田と井上は同じ中学・高校の同級生。高校で仲良くなった2人は遊びで漫才やコントをしたことがきっかけとなり「井上が大学に落ちたら一緒にNSCへ行こう」と話をしていたが、井上は大学に合格したため進学し、石田は板前として就職することとなる。

その後、石田は板前の修業中にピン芸人として活動していたが、その状況を知った井上が石田を誘いノン・スタイル結成となった。

2000年5月14日にbaseよしもとのオーディションに受かり吉本興業に所属しプロデビューした。

タクシーの運転手は

井上は昨年12月11日、東京都世田谷区の都道で、タクシーに衝突して男性運転手にけがを負わせ、警察への通報や救護措置を取らずに現場から逃げたとして今年2月に書類送検された。

運転手にはすでに謝罪していて、吉本によると「関係者に付き添われて運転手に直接謝罪しました。運転手は逆に井上を心配していました。井上は泣いていました」という。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする