がんこちゃん 二階堂ふみで実写ドラマ化!?気になる内容と深夜放送のわけは?


NHK・Eテレで放送中の人形劇『ざわざわ森のがんこちゃん』が、放送20週年を記念して実写ドラマ化されることが、明らかになった。『もしもドラマ がんこちゃんは大学生』は3月6日深夜から4日連続で放送され、人間になった女子大生のがんこちゃんを女優の二階堂ふみがコミカルに演じる。

 二階堂は「小学校でがんこちゃんを見ていました。可愛くてインパクトのある彼女のキャラクターが大好きです。がんこちゃん人形がロケ現場に応援に来てくれたときは大感激でした」と、がんこちゃんとの“共演”を喜んでいた。

がんこちゃん役の二階堂ふみ

沖縄県那覇市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol.4掲載のグラビアでデビュー。そのグラビアがマネージャーの目に留まり、沖縄に駆けつけたマネージャーによってスカウトされ芸能界入り。ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルを務めるなど、ファッションモデルとしてファッション誌や広告へ出演した。

本名 :二階堂 ふみ
生年月日 :1994年9月21日(22歳)
出生地 :沖縄県那覇市
身長 :157 cm
血液型 O型
職業:女優、ファッションモデル
事務所 :ソニー・ミュージックアーティスツ

他の出演者は?

がんこちゃんの気を引くメンズ役で俳優の中川大志(18)、宮崎吐夢(46)、前野朋哉(31)、岡山天音(22)がゲスト出演する。がんこちゃんの友達・しかりちゃん役を女優の伊藤沙莉(22)が務める。

ざわざわ森のがんこちゃん

『ざわざわ森のがんこちゃん』は、1996年4月8日からNHK教育テレビ→NHK Eテレで放送されている幼稚園・保育所および小学校1年生向けの道徳番組である。幼稚園・保育所向けは道徳および生活領域、小学校1年生向けは道徳に対応している。

元々は小学校1年生向けの番組としてスタートしたが、小学校2年生向け番組の『バケルノ小学校 ヒュードロ組』が2008年度限りで終了したことに伴い、2009年度より小学校1 – 2年生向け番組となった。

ジャンル :教育番組・人形劇
放送期間:1996年4月8日 – 2015年10月2日(145回)
制作局:日本放送協会(NHK教育テレビ)
原作 :末吉暁子

「がんこちゃん」ってどんなキャラ?

主人公の恐竜の女の子。体色はピンク)。両親譲りの明るくパワフルな性格で、多少抜けているが優しく思いやりもある。体当たりであらゆるものも吹っ飛ばす。自分の先祖にあたる恐竜は人間に生み出されていたことを知っていた。泳げないのでドーナツ沼からは唯一橋を渡ってマンナカ小学校へ登校している。

ネット上のコメント

・本家とはまったく別物だけど、そのほうが楽しめるかもね。ちょっと見てみたい。

・つまり擬人化ものということか?

・主題歌に大物を起用、衝撃的な基本設定を含め、英語の番組になったり、アニメ化したり、実写化したり、と話題になりますね。

・子供向けの朝の人形劇を深夜に3分間で実写化って・・・一体誰に向けての実写化なのですか?

・なんで深夜なんやろ。。

・何?ふみちゃんがガンコちゃんとな?

・とりあえず、録画しよ

・すでに実写だと思ったが人形劇で

・息子が「ガンコちゃん見てからじゃなきゃやだ!」って幼稚園に行くのグズッていたなあ。懐かしい。

・20年もやってる事にビックリ

・がんこちゃんの世界ってたしか環境破壊か何かで人類がいなくなった世界っていう設定だった気が…

・おじゃる丸も実写化してほしい

・最近、やっと二階堂ふみの良さがわかってきた。

まとめ

がんこちゃんの実写ドラマ化ってまったく想像できませんが、かなり気になりますよね。
放送時間が昼じゃなくて深夜になっていることも大きな話題になっていますね。なぜ深夜なのか理由は明かされていませんが、深夜0時5分なので見たい方は放送時間に要注意ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする