仮面ライダー電王 10周年 中村優一が涙したワケは!?

特撮ドラマ『仮面ライダー電王』の10周年を記念した付き特別上映会が23日、新宿バルト9で開催されました。

 主人公・野上良太郎/仮面ライダー電王を演じた佐藤健の印象について中村は「役柄と普段のキャラクターは、健くんと僕が逆なんです。健くんは落ち着いてらっしゃって」と明かす。松本も「私は『電王』がデビュー作で、何も知らない状態だったんですが、(佐藤は)最初から落ち着いていて、引っ張ってくれる、座長みたいな感じでした」と言い、秋山は「自分より年下のライダーが出て来ていろんな意味でショックでした。でも本当に多才な方だなって思って。大物感がすごかった。6人演じ分けたというのは佐藤君はやっぱりスゴイですよね」と絶賛。

 松本は「この作品がデビューの私もちょうど10年目。たくさんの人に今でも『愛理ちゃん』『お姉ちゃん』って役名で呼んでいただけるのは幸せ。もしこの作品に出会わなかったら、地元に帰っていたかも知れない」と作品への想いを語りました。

 イベントの終わりには、中村が「どうしても、どうしても今日来たかったんですけど来れない僕の大切な大切な相方に、ちょっと電話をしたいなと思っています」というと、会場は「まさか」の雰囲気にどよめく。「お名前をお願いします」という問いかけに、「佐藤健です」という声が劇場のスピーカーから返ってくると、場内は割れんばかりの悲鳴と歓声で埋め尽くされた。

最後は、会場中の「良太郎!」というラブコールに対し、佐藤が「は~い!」。電話を切った後も興奮冷めやらぬ様子の場内で、中村は「出演することができなくて残念だけど、皆さんに声を届けたいということで、健くんから僕に直接電話がありました。やっぱり健くんはみんなの良太郎ですし、仮面ライダー電王。そして永遠にみんなのヒーローだと思います! 記念すべき10周年を最後に健くんの言葉で終われたことをすごく嬉しく思います」と真っすぐな眼差(まなざ)しで語る。そして「この言葉で締めくくらせてください。いつか、未来で!」と言い、丁寧に一礼した。

中村優一


2005年、『仮面ライダー響鬼』に桐矢京介 / 京介変身体(声)役で出演。
2007年、『仮面ライダー電王』に桜井侑斗 / 仮面ライダーゼロノス(声)役で出演。この出演により平成仮面ライダーシリーズの2作品でメインキャラクターを務めることとなった。

生年月日 :1987年10月8日(29歳)
出生地:神奈川県横浜市南区
血液型:O型
職業:俳優
活動内容:2004年:俳優デビュー
事務所 ジースタープロ
業務提携はワタナベエンターテインメント

仮面ライダー電王を演じた佐藤健


2007年1月、平成仮面ライダーシリーズ第8作『仮面ライダー電王』の野上良太郎 / 仮面ライダー電王(声)役で連続テレビドラマ初主演。また、同年8月公開の『仮面ライダー電王 俺、誕生!』で映画初出演・初主演。2010年1月、 NHK大河ドラマ『龍馬伝』の岡田以蔵役で時代劇初挑戦。

本名:佐藤 健
生年月日:1989年3月21日(27歳)
出生地:埼玉県岩槻市
身長:170 cm
血液型:A型
職業:俳優
活動期間 :2006年 –
事務所 :アミューズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする